「社長業」カテゴリーアーカイブ

仕事始め

昨日がエルデの仕事始め。
今年はちゃんと早めに出社するぞ! と新年の目標を立てたものの、駅まで行って定期券を忘れたことに気付き、引き返す。往復30分のロス・・・
会社に行って、まずは年賀状の整理。メールは自宅からも読み書きできるので、休み中も溜まることはない。こちらから出してないのにいただいたものが30通近くあり、あわてて増刷する。虚礼廃止と言われているけれど、なかなか辞められない。
その後、休み中に読んだ『会社にお金が残らない本当の理由』に影響を受けて、決算報告書を開いて現状分析。ううむ、お話になりません。今年は創業19年、できたばかりの会社じゃないのだから、いいかげんに利益が出るようにして、人も育てていかないといけない。
というわけで、長期目標と短期目標を立て直す。やっぱり零細企業は下請けに甘んじるのではなく、ニッチ分野でもオンリーワンにならなくちゃ。

「営業終了のお知らせ」

ドキュメントシステムの広川さんから、「営業終了のお知らせ」というはがきをいただいた。
広川さんはアスキー出身で、ぼくが最初の会社を作ったのとほとんど同じころに独立し、ドキュメントシステムを設立。TeXを中心にテクニカルライティングや技術書の編集では知られた存在だった。ぼくもTeX関係のお仕事でお会いしたことがある。
続きを読む

銀行振り込み

月末で、外注費をATMから振り込もうとしたら拒絶されてしまった。残金はあるし、カードも暗証番号も異常なし。インターフォンでたずねたら一日の振込み限度額を超えているという。
キャッシュカード偽造とか、振り込め詐欺とか相次いでいるせいだろうか、知らない間に一日の限度額が下がっていた。
窓口ならば限度額に関係なく振り込めるというのだが、手数料がATMの倍になってしまう。まったく困った話だ。
続きを読む

コンテンツ政策研究会

昨日は御茶ノ水のデジタルハリウッド本校で開催された「コンテンツ政策研究会」の設立フォーラムに出席してきた。日本のコンテンツ政策のありかたをアカデミックに検討しようという、学界的な団体である。
デジハリ教授となった福富忠和さんをはじめ、慶応大学の金助教授、内閣官房知的財産戦略推進事務局の杉田参事官、コロムビアミュージックエンターテイメントの廣瀬社長、スタンフォード日本センターの中村伊智哉所長などがパネラーとして登場し、日本のコンテンツ政策のあり方についてディスカッション。
続きを読む