日本語入力システムをAnthyに変更

メール(masaru@erde.co.jp)は会社のメールサーバにtelnetでログインし、Emacs+Mewで読み書きしている。会社のWebサイトも直接Emacsでいじっている。サーバはFreeBSDかLinuxだ。
こうなると不便なのが日本語入力。実際にはWindows端末からtelnetしているので、Windowsの日本語入力を使えばいいのだが、いろいろ不具合があるのでサーバ側のcannaを使っている。

これがどうしようもなくおバカ。まぁ、かつては連文節変換ができて日本語入力が使えるだけで良かったのだろうが。WindowsではATOK+共同通信辞書を組み合わせているだけに、その落差は大きい。
cannaを強化する方法はないものかとmixiのコミュなどを見ていたら、すでにcannaは終わっているとの記述。
今、お勧めはAnthyだそうだ。これはIPAの未踏ソフトで開発されたフリーでセキュアな新しい日本語入力システム。
Anthyに関するWikiに詳しい。
さっそくダウンロードしてコンパイルしてインストール。Emacsで使うにも.emacsを数行書き換えるだけ。
まだ、それほど長い文章は入力してないけれど、cannaとは比べ物にならないほど賢い。さっさと変更すべきだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください