05/27 島根県CMSのインストールにはまる

島根県の特産品Rubyで書かれたオープンソースのCMSパッケージ、「島根県CMS」をインストールしてみた。
サーバーは以前、Rubyの実験用にセットアップしたCentOS 5.5で、

ruby 1.8.7 (2010-08-16 patchlevel 302) [i686-linux]
Rails 2.3.5
gem 1.8.4

などが入っている。

島根県CMS公式サイトから島根県CMS 1.4.5(pref-shimane-cms-1.4.5.tar.gz)
をダウンロードする。

tarで展開する

tar zxvf pref-shimane-cms-1.4.5.tar.gz
cd pref-shimane-cms-1.4.5

CentOSへのインストール手順が書かれているので、それに従ってインストールする。

cd doc
more INSTALL_CENTOS

手順書通りにやれば、難しいこともなくインストールは終了する。

だが、その先ではまってしまった。インストールしたサーバーのルートにWebブラウザでアクセスすると、島根県のページが表示されるのだ。

アクセスしているのは社内サーバーなのだが、どう見ても島根県庁のサイトにしか見えないし、それぞれのリンク先は島根県庁のページになっている。

INSTALL_CENTOSを読むとヘルプシステムへのアクセス方法が書かれていた。

http://localhost/_help

これでやってみると、確かにヘルプが表示される。

だけどヘルプをいくら読んでも、管理画面へのアクセス方法が書いていない。「まずは、メニューから新規作成ボタンを押します」という操作で新規画面の作り方が載っているけれど、その「新規作成」ボタンはどこにあるのだ?

あちこち検索した結果、まつえSNS 公開への道のりというブログで管理画面は

http://localhost/_admin/login

ということが判明。

さて、ログインIDとパスワードは? これもヘルプやドキュメントには書かれてない。これも同じブログでID、パスワードとも「super_user」とわかる。INOさん感謝です。

ようやく管理画面にログインできた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください