「モバイル検索の未来」グリー主催の勉強会を取材

六本木のグローコムで開催された第1回「エマージングビジネス勉強会」をCNETの仕事で取材してきた。
グリーの田中良和社長によれば、インターネットで革新的なサービスを提供するため、最新のインターネット技術やビジネス動向についてオープンな研究会を開催し、フィードバックしていきたいとのこと。技術勉強会はすでに始まっており、ビジネス勉強会は今回がスタートとなった。

テーマは「サーチはモバイルをどう変えるのか? ~ キープレイヤーに聞く、モバイル検索の未来」ということで、最近、キャリア各社が続々と検索エンジンを公式サイトに持ってきている動きについて、主力検索エンジンを運営している企業のキーマンによるパネルディスカッション。
司会は司会はグロービス・キャピタル・パートナーズの小林雅氏が務め、パネリストはウェブドゥジャパン メディアビジネス本部取締役本部長の古瀬祥一氏、シーエー・モバイル専務取締役の小野裕史氏、ビットレイティングス代表取締役の佐藤崇氏という顔ぶれ。ウェブドゥジャパンは「CROOZ!」、シーエー・モバイルは「SeafTyy」、ビットレイティングスは「F★ROUTE」と、いずれも有力モバイル検索エンジンを運営している。
実はケータイの検索エンジンというのはGoogleモバイルぐらいしか知らず、ケータイ専門の検索エンジンというのがビジネスとして成立しているというのは初耳だった。
「Googleモバイルについてはどう見る?」「今後生き残る検索エンジン会社はどこ?」といったシビアな質問も飛び出したが、お互いにライバルでありなおかつ協力関係にある企業どうしだけにジョークも交えながら、なかなかホットな話題が続いた。
というわけで、記事は
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20211667,00.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください