nucleusインストール手順

「インストールした」だけでは記事として価値がないので、手順を振り返ってみる。
まず、MySQLをインストールする
MySQL.comのアーカイブ
http://downloads.mysql.com/archives.php
より、MySQL 4.0.26のFreeBSD用バイナリをダウンロードする。
MySQLの最新版は5.1なのだが、4.1以上はインストールするのに苦労した記憶があり、とりあえず古い安定版にする。
BSDサーバにアップロードし、tarで展開。rootになって/usr/local/mysqlに移す。
/etc/groupsを編集してmysqlグループを追加
ユーザmysqlを追加
オーナーとグループを設定する
chown -R root /usr/local/mysql
chown -R mysql /usr/local/mysql/var
chgrp -R mysql /usr/local/mysql
mysqlディレクトリにて
./scripts/mysql_install_db
./bin/safe_mysqld –user=mysql &
でインストールと起動。
MySQLサーバに接続する
/usr/local/mysql/bin/mysql -u root -p
SELECT host, user,password FROM mysql.user;
でデフォルトユーザを確認する。
SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD(‘xxxx’);
でrootのパスワードを設定する。
Nucleusを入手する
Nucleus CMS JapanよりNucleus v3.21 日本語版をダウンロードする
http://japan.nucleuscms.org/
パッケージにはEUC-JPとUTF-8の2種類が用意されているが、FreeBSD上で動かすのでEUC版にする。
nucleus3.21_ja_euc.zip
BSDサーバのドキュメントルートにFTPし、unzipで展開する。
ブラウザから
http://www.erde.co.jp/nucleus/nucleus/install.php
と入力してインストール画面を開く
ブログ名、パスワードなどを入力し、パスが正しいか確認する。
設定を保存すると、Nucleusが使えるようになる

「nucleusインストール手順」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください