03/24 実家トイレのリフォーム。古い便器を撤去

キッチンの天井塗装が終わったので、次はトイレのリフォーム。止水栓を開けておくと水が漏れてくるのでもう1年以上使ってない。100mほど離れた公園のトイレまで行ってるが面倒だし、妻はそのせいか実家に来ようとしない。早いところトイレをリフォームしないと。

1年以上使ってないから便器の中はカラカラに乾いている。さすがにタンク内には水がのこっているので、石油ポンプを買ってきてバケツに水を移す。

止水栓からのパイプ、洗浄便座、タンク、便器の順番に取り外す。タンクは便器に乗せてボルト2本で固定してあるだけ。便器は床に4本のネジで止まっていた。ここのトイレは壁排水。あまりホームセンターなどで置いてないので、新しい便器とタンクはLIXILのものをネットで注文した。

長いことトイレもキッチンも使ってないから配水管を外しても臭いが上がってこない。それでも一応ビニール袋をかけてカバーをしておいた。

天井と壁の古いクロスを剥がした。床に近い方は湿気でボロボロ、カビだらけになっている。この家はなんでこんなに湿度が高いのだろうか。気泡コンクリートだから? 密閉度が高いから?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください