04/17 トイレの壁紙張り替えは悲惨な結果に

実家リフォーム.注文先から納期1か月と言われたトイレだけど,2週間かからず届いた.車に便器とタンクを積み込みホームセンターでクッションフロアと専用接着剤を購入する.

ついでにキッチンのリフォームについて相談したが,どこでもビルトインコンロが品薄で,4~5か月かかるという.ビルトインコンロじゃなくてガステーブルにすれば在庫がある.だけどシステムキッチンでガステーブルという選択肢は無いので,急ぐならセパレートキッチンになる.価格も20万円前後でかなり安く済むがどうするか.実家のシンクはもうボロボロ,ガステーブルは処分してしまった.

実家について,まずは天井に壁紙を貼る.以前自宅のキッチンで壁の張り替えに使ったサンゲツのSP-2112という織物調無地.やはり重力に逆らうので,貼ったそばから剥がれしまう.頭で抑えたりしてなんとか貼り終えた.1畳ぐらいしかないのに.

ノリが乾いたところで照明の穴をカッターで開け,LEDダウンライトを取り付ける.電気工事は慣れているので,あっという間に完了.これでトイレ内の作業がやりやすくなる.

続いて壁に壁紙を貼るのだが,無茶苦茶苦労した.壁紙屋本舗から取り寄せたストライプ・流線柄 SSLP-680というクロス。自宅ダイニングの壁を張り替えたことがあるが,ダイニングの壁はけっこう構造が簡単.トイレは狭いくせに吊り戸棚,水栓,棚があって複雑な構造をしている.事前にプロの動画を見てイメージトレーニングしていたつもりだったが,まったく手が動かない.

1枚の壁紙は910mm幅なので,必ずつなぎ目がある.ここは2枚の壁紙を重ねて切り,ぴったり繋がるようにするのだけど,ぴったりどころか隙間が空きまくったり,破れたり.

さらに窓側には棚と水栓がある.水栓はそのまま壁紙を垂らして,当たったところに穴を空けたが,実際の位置とはズレがあり,何度も穴を開け直すことに.棚の部分も切り欠きを測って入れたはずなのに,高さが10mmぐらい足りない.

午前1時過ぎまで作業して,とりあえず壁は全部貼ったけど,すぐにでも剥がして張り直したい酷い状態.破れているところは何か上から貼ってごまかしてやるか.夕食も取らずに続けて作業してきたので,集中力が切れていたというのあるのだろう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください