03/25 ささやかながら支援物資

むさし府中青年会議所が東北地方太平洋沖地震被災者救援物資をとりまとめていると、中学の後輩から連絡をもらったので、今日、タオルとか持って行った。今日が一応締め切り日ということなので。

香典返しのタオルセットがかなり貯まっていて、たぶんずっと使わないから。あとはクライミング用に買った使い捨てカイロとか、ちょっと古い三角巾や消毒薬など。東府中の商工会議所ビルでは、スタッフの人たちが受け付けしたり、仕分けした物資を台車に積んで運んだり、忙しそうにしていた。

mixiの府中市コミュニティで、お店で買った物資を持って行ったという人がいたけれど、現場に近い人の意見では、個人がわざわざ買うぐらいなら、お金をカンパして欲しいそうだ。細かい荷物は振り分けるのに人手がいる。被災現場ではその人手が足りないのだ。細かい物資はまとめるのが大変だけど、お金ならまとめる手間はかからない。それでカートンで買って送る方がよっぽど効率的だよな。

ところで、救援物資に「色」は着かないけれど、人民の側のネットワークはどうなっているんだろう。地元の派遣村や衛生研問題関係の人たちにメール送ったけれど返事をもらえなかった。現金カンパは反原発運動をずっとやってきているたんぽぽ舎に送るか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください