12/19 プロボクサー小野心君、引退お疲れ様

PowerNaviでサポートしてきたプロボクサー小野心君が引退したので、神楽坂の鳥茶屋別邸でお疲れの場を持った。小野君は花形ジムに所属していた時からの付き合いなので、もう10年になる。第32代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者、第29代日本ミニマム級王者。

一昨年12月のミニマム級王者防衛戦で判定負けし、1月に引退を表明したのでもう1年近く経ってしまっているのだが、ずっとコロナ渦でチャンスが無かった。ようやく感染状況が落ち着いてきたので席を設けた。

チャンピオンは約束の時刻になっても来ない。電話したら「もうすぐ駅に着きます」。でも来ない。JR飯田橋駅と間違えて東西線神楽坂駅で降りてしまったという。「飯田橋駅の神楽坂側改札」と伝えたのがまずかったか。前日にでも確認しておけば良かった。結局、予約より10分ほど遅れてお店に。

以前は酒を飲んでいたけれど、ミニマム級王者に挑戦する時に止めたのだという。それ以来、まったく飲んでないと。自分は24歳ぐらいで半年間の禁酒・禁煙後、タバコはきっぱり止めたけど、酒は復活してしまった。

引退したボクサーにとって、やはりボクシングジムを開くのが一番の夢。日本代表などを極めたクライマーがクライミングジムを開くのと同じことだ。ボクシングの場合、プロを目指す人だけじゃ無く、フィットネスとボクシングを組み合わせたボクササイズなら女性に人気が高く、盛況という。

彼の夢が叶うといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください