08/31 消費税納税書を受け付けない税金・公共料金自動振込機

今日は株式会社エルデの31回目となる決算報告・納税日。決算報告は税理士法人がオンラインで済ませてくれているが、納税は納付用紙が税理士法人から送られてきて、銀行で振り込む。みずほ銀行国分寺支店の2階に行ったら、税金・公共料金自動振込機というのがあった。

いつもATMコーナーしか入らず、テラーがいる窓口には入ってなかったので初見。

そこで消費税の納付書を挿入口に入れようとしたが、入らない。あれ、縦かな? とやっていたら案内係がやってきて「申し訳ございませんが手書きの納付書はこの機械では使えません。窓口でお願いします」と。

住所や氏名を手書きする納付書は受け付けるけど、金額が手書きのものはダメなんだと。掲示にはそんなこと一言も書いてない。

今時、手書き数字のOCRができないのだろうか。デジタル庁発足でデジタル化を促進などと言っているけど、民間企業の中でもITに巨額投資している銀行がこんなざまでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください