08/14 廊下と洗面所の照明を追加した

雨で出かける気にならず、1年前からやるつもりだった廊下と洗面所の照明を追加した。ダイニングから玄関に通じる廊下は中央に1個、玄関に1個、人感式のLEDライトを付けてある。玄関のライトは帰宅すればすぐ点灯するのだが、廊下の電灯が玄関から入ってきても、ダイニングから入ってきても点くのが遅い。たぶん感知角度の問題だろう。

そこで人感LEDライトをもう1個購入してダイニング側に取り付け、古いライトを玄関側に移動する。実は以前購入した人感LEDライトがAmazonで品切れになってしまい、諦めていた。それが入荷したというので取り寄せたのだが、100円ぐらい値上がりし、形もちょっと違っていた。

配線をどうしようかと思ったが、天井裏を這わすとか難しそうなので、Fケーブルで露出配線に。分岐もせず、元の天井コンセント跡の内側から2本引っ張り出す。

前回は100V通電したまま作業し、Fケーブルを切ったときに火花を飛ばしてしまった。今回はちゃんとブレーカーと配電先の関係を確認してあったので、廊下・玄関・納戸の電源だけ遮断して作業する。当たり前のこと。

古いライトを玄関側に移動したのでFケーブルが余ってしまったが、玄関から廊下に上がってすぐ点灯するか確認して切り詰めるとか、モールで覆うことにした。見た目が悪いけれどどうせ家族しか通らないので別にいいだろう。

とりあえず、ダイニングのドアを開けて廊下に入るとする点灯し、歩いて行けば中央の、そして玄関のライトが点くようになった。明るくて気持ちいい。

次に洗面所のライトを付ける。ここは元々天井に照明が無く、洗面台の上、窓側に蛍光灯が点いていたのだが、照明付き化粧洗面台に交換した時に撤去してしまった。顔を洗う時も、風呂に入るときも化粧洗面台のライトを使っているが、電球と電球色蛍光灯なのでちょっと暗いし、消費電力がもったいない。

去年、ダイニングの天井にLEDダウンライトを取り付けるときに余分に購入しておいたものを取り付ける。ここは蛍光灯取り付け跡から出ていたFケーブルを延長し、天井裏を通して中央に開けたダウンライト取り付け穴から引っ張り出す。天井はピッカピカのプリント合板で、最初100mmのホールソーで開けようとしたらまったくダメ。刃が無くて石膏ボードを削るしかできないようだ。自在錐で穴を開けたら一発。接続部はセリアで購入した2個100円の密閉容器を使う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください