05/20 ドローンをさらに破壊した

16日に長沼で壊したドローン.家の中で飛ばしたら家具に激突させ,カメラがもげた.ご臨終.

壊れたと言っても飛行には支障が無いし,カメラやジンバルにも外から見える傷は無さそうだ.ヘッド部分が歪んでいるようなので手でぐっと押してみたら,ジンバルスタックの警告が消えた.これなら大丈夫じゃないか.

家の中で1.2mぐらいの高さに浮かべて回転させたり,前後左右に飛ばして動作チェック.ジンバルもちゃんと動作していてキレイに動画が撮れる.そろそろ終わりにしようかな,というところでまた横への急移動をやってしまった.家具にドローンが当たって墜落.

カメラというのかジンバルというのか,根元から折れてしまった.プラスチックが折れており,接着剤などで治すことも無理だろう.

諦めてDJIに修理を依頼することにした.運の悪いことに5月16日は,購入時から90日以内.Amexのショッピング・プロテクション・ワイドならば全額補償してくれるのだが,それは購入から91日以降に壊した場合.90日以内だと通常のショッピング・プロテクションが適用され,免責金額は1万円.つまり1万円は自分で出さないといけない.

保険に加入していると火の扱いが荒くなるとか,車の運転が乱暴になるというモラルハザードを抑えるためなのだろう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください