05/15 ドローンを壊した

八王子の別宅でドローンの練習.タワーに登って操縦したら見通し距離が広がって遠くまで飛ばせるかと,はしごが付いている20m地点まで登ったが,風が強すぎてあまり遠くまでは飛ばせなかった.それでもバッテリー1本,ほぼ20分連続飛行.

タワーから降りてバッテリーを交換し,さらに20分飛行.隣に倉庫を持っている工務店の若い人が,「ドローンですか? 面白そう」と覗きに来た.

ここでいったんドローンは休みにして斜面南西の笹藪を伐採.刈払機の歯がダメなのか,力が無いのか,ぜんぜん刈れない.すぐ歯の回転が停まってしまう.

手ノコで切った方が早かった.バッテリーチェンソーがあれば効率的かもしれない.エンジンチェンソー振り回すのは大げさ過ぎるし.

夕方になって最後のフライト.うっかりしてドローンをタワーのロープに引っかけてしまった.ドローンは上下の動きは割とゆっくりだけど,左右には急に動く傾向がある.それにMavic Air 2は前後下方に障害検知センサーが付いているけれど,左右上方はセンサーが無い.

8mぐらいの高さでドローンはロープに絡まり,プロペラは止まってしまった.あわてて取りに登ろうとタワーの下でハーネスを履いていたらドローンが降ってきて後頭部を直撃.目から火が出た.

単に垂れているロープに絡んでいただけだったので,ロープが揺れて起きてきたのだろう.500g余りの金属とプラスチックの固まりが当たって大きなコブができた.もっと高いところからだったら出血とか脳震盪とか,大事になっていたかもしれない.

ドローンはプロペラガードが折れてしまい,「ジンバルスタック」の警告が出ている.カメラを浮かせて振動を防ぐジンバルが固まってしまったようだ.

飛ばすことはできるけど,ジンバルが動いていないので,動画はぶれまくって見るに堪えない.いかにドローンのジンバルが高性能なのか,瞭然だ.

静止画なら撮影できるけれど,傾いたままなので水平線が斜めになる.

バッテリーが切れるまで飛行練習し,日没になったので撤収.帰宅後,ジンバルのキャリブレーションを行うと直るかもしれないという記事を読んでやってみたが,80%のところで停まってしまう.これは修理に出すしかないだろう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください