02/10 メルカリからのメールがSpamフォルダに落ちて,購入がキャンセルされた

メルカリに出品していた商品,購入者がいたのにメールがspam認定されて気づかず.キャンセルになってしまった.

masaru@erde.co.jpへのメールはLinuxサーバ上のEmacs+Mewで読んでいるが,まず到着時にbsfilterというRubyを使ったベイジアンフィルタにかけ,Spam判定を行っている.SpamならSpamフォルダへ,そうでなければinboxなりメーリングリストのフォルダへ振り分ける.

ところがけっこうHam(有効メール)をSpamと,SpamをHamと判定してしまう.インストール時にSpamメールとHamメールを読み込ませ,学習させるのだが,どうしても間違いが起きる.今回はメルカリのメールがSpamと判別されていた.

Received: from mercari.com
MIME-Version: 1.0
X-Spam-Flag: Yes
X-Spam-Probability: 1.000000
Content-Type: text/plain; charset=utf-8
Content-Transfer-Encoding: 8bit
Subject: 【メルカリ】×××の発送をお願いします
From: メルカリ <no-reply@mercari.jp>

「X-Spam-Probability: 1.000000」は100%の確率でSpam判定ということ.

bsfilterのデータベースを教育してやった.

$ bsfilter 6452.mew
combined probability 6452.mew 1 1.000000
$ bsfilter --sub-spam --add-clean --update 6452.mew
$ bsfilter --sub-spam --add-clean --update 6452.mew
$ bsfilter --sub-spam --add-clean --update 6452.mew
…延々と繰り返す…
$ bsfilter 6452.mew
combined probability 6452.mew 1 0.350284

だいぶspam度が下がってきた.そしてSpamフォルダを毎日こまめにチェック.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください