01/13 中国から血圧計専用ケースの輸入に2か月かかった話

ペット用血圧計PES-1700の専用ケースは中国で作っているのだけど,今回は発注から配達されるまで,大迷走.2か月以上もかかってしまった.

PES-1700はパッケージとして本体(Sサイズカフ込み),専用ケース,XS/SSサイズカフを中国から輸入し,ACアダプタやマニュアル,化粧箱などは国内で作っている.それが残り少なくなってきたので,10月に本体,ケース,XS/SSサイズカフを発注した.海外からの輸入というのは基本的に全て前金.1個,2個ならばカード決済できるけれど,業者としてまとまった量を注文するには全額を銀行送金で払わないといけない.

口座名の間違いがあったりして,最終的にすべての送金が終わったのが10月22日.実を言うとこの時点で在庫は非常に厳しくなっていた.もう少し余裕を見て発注すべきだったと反省.

ケースのサンプルが遅れ,ロゴの印刷ミス

それでもXS/SSサイズカフと本体は11月に入荷した.ところがケースが想定外の11月中旬に「サンプルができる」という.これはまずい.XS/SSサイズカフはオプション扱いだけどケースは本体とセットになっているので,ケースがなければ本体があっても出荷できない.

じりじりして待っていると,中国の代理店(日本人が経営)からケースの写真が届いた.ところが指定したロゴがちゃんと印刷されていない.前回はケースの上下がよく分からず,希望していたのとは逆さまに印刷されてしまった.そこで今回は上下を逆に印刷するように指示した.送られた来た写真を見ると,上下は指定通りなのだが,なぜか文字や模様の一部が消えている.印刷データはIllustratorで作ったものを前回送ってあり,それを逆転するだけなのに.シルクスクリーンで版を作るときに失敗したのだろうか.

送ったデータ通りに印刷するよう,チェックを入れて修正を頼んだ.ところが予定の12月3日を過ぎても返事が来ない.催促すると12月10日に2回目のサンプルができあがり,そこで間違いがなければ1週間後の12月17日に出荷,日本には24日ごと到着だという.日本の感覚では校正で修正が入ることを見込んでスケジュールを立て,数日で対応して再校正→校了→大量作成となるはずだ.しかも今回は工場側のミス.

代理店の話では「年末は忙しい」とのこと.

1か月以上も販売できないのは困る.Amazonはパッケージを買い取って,各地の倉庫に納品させ,そこから発送なのでこちらにはお客様の氏名・住所はまったく入ってこない.なので完全なパッケージでなければ納品もできない.一方楽天やヤフーショッピングでの販売は「メーカー直送」といい,お客様には弊社から商品を発送する.なので氏名・住所を把握できる.代理店と交渉してケースは送料弊社負担で後送することにしてもらった.

年末年始の大迷走

ようやく12月15日に「工場から出荷しました」との連絡をもらった.これならどうにかクリスマス前にケースが届き,後送にしていただいているお客様にも発送できる.

通関と積み込みで3日と見て,19日土曜日に問い合わせると,積み込みは完了し,21日月曜日に出港と.そして21日に再度確認すると「独立に通関ではないのでBLは提供できませんとの結果でした」という,謎の解答.このあたりから迷走が始まっていた.それでも送り状番号と問い合わせサイトhttp://www.sagawa-cn.cn/のURLが送られてきた.

この問い合わせサイト,どう見ても佐川急便の中国法人のものだと思うだろう.「sagawa-cn.cn」と入っているし,トップ画像は織田裕二だ.一応まともな日本語が表示されている.会社概要とか会社への問い合わせ先などが無いことに,この時点で怪しいと思うべきだった.

本文や問い合わせメニューは日本語だが,問い合わせ番号を入力すると,結果は中国語で表示される.たとえば25日の時点では「報關放行」.これをGoogle翻訳にかけると「通関」となる.21日に中国の港を出て,3日かかるとすれば誰だって日本の港に着いて日本の税関で通関中だと思うだろう.クリスマスには間に合わなかったけど,なんとか年内にお客様のところに届けられる.

ところが,ここでしばらく動きが止まってしまう.次に変化があったのは28日のこと.ETD:12月30日,ETA:1月3日と表示されるようになった.翻訳すると「出発予定日:12月30日,到着予定日:1月3日」.おいおい12月21日に出港しているはずなのに,どうしたんだ.

これに対する代理店からの解答が「先週はShipping Spaceが足りなかったので,コンテナが積み込めず,30日出港となりました」という.さすがにキレる.そもそも10月の注文書,注文受書を確認すると航空便となっている.どこでなぜ船便になったのか.代理店は最初から船便の見積だったという.確かに最初の見積では「shipping」となっている.だけどshippingとは運送,発送を含めた単語で,船便に限定されていない.血圧計関連で中国からの輸入はすべてDHLの航空便だったから,船便とは思いもしなかった.

なんと,偽佐川であることが判明

年が明けて正月休みも終わった1月4日,佐川急便に消費税の支払いや配達日について問い合わせてみた.血圧計本体の輸入時にDHLが立て替えた消費税を現金払いとしてドタバタがあったので,時前に確認したかった.ところが

土屋様
お世話になっております。
恐れ入りますが、頂戴いたしました
http://www.sagawa-cn.cn/
というサイトは、弊社のサイトを模倣した偽サイトとなっております。
そのため、現在弊社ではお荷物の確認ができかねております。

調べてみると、「中国には偽佐川急便はいくつもある」。日本の佐川急便グループであるSGHグローバル・ジャパン株式会社によれば中国における佐川急便の海外法人は

  • 上海保利佐川物流有限公司
  • 天津保利佐川国際貿易有限公司
  • 保利佐川物流有限公司
  • 無錫飛速物流信息科技有限公司
  • 佐川急便(香港)有限公司

で、www.sagawa-cn.cnというURLを使っている海外法人は無い。

代理店も、実際に工場と交渉して発送まで手配した代理人も、www.sagawa-cn.cnが偽佐川だとは、この時までまったく気が付かなかったという。今まで何度も日本への発送に使っており、何の問題も起きてなかった。実在企業のサイトに似せて個人情報やクレジットカード情報、暗証番号などを盗むフィッシング詐欺サイトでなかったのは幸いだったが、荷物がどこにあるのか、誰が配達するのか、いつ届くのか、消費税はどうやって払うのか、まったく分からない。年末年始の休みが終わり、代理店からいつ入荷するのか問い合わせが来るが、あまりにも不確かな状況なのでまともに返事もできず。

とうとう1月12日火曜日を過ぎてしまい、Amazonの1月前記納品期限にも間に合わない。先月末からAmazonでは品切れ状態が続いている。コロナ緊急事態宣言が再発出され、原則在宅勤務としていたが、ケースの配達を待つために出社せざるを得ず、1日空振りとなってしまった。

代理店を通じて、国内での配送業者、問い合わせ番号を確認してもらっているが、先方の代理人は「佐川の配送だと一週間前に予約する必要があり、佐川は使わず、その物流会社のトラックを利用したので、送り状番号は提供できない。問い合わせ先は確認中」という。まったく意味が分からない。日本で荷物運送業をやるには国交省の許可が必要で、問い合わせ番号を出さないとか、連絡先を教えないということは許されない。

1月12日の夜になって、佐川急便で大阪から配送中、13日には配達されるとの連絡が入った。

ようやくケースが到着した

1月13日水曜日、ようやくケースが届いた。夕方までスタッフ総出で後送分のお客様に発送する作業に追われる。Amazonは1月後半に納品するので後回しだけど、こちらは本体もセットなのでそれなりに大変な作業になりそう。

輸入許可通知書の入手にまた一手間

結局、中国の工場から代理人を通じて偽佐川に配送を依頼。船積みができずに遅れ、年明けに大阪港に配達。大阪港ではどこかの通関業者が通関手続きと消費税の納付を行い、日本の佐川急便でエルデに届いたというわけだ。

今回の輸入について残る最後の作業は、輸入許可通知書を信用金庫に提出すること。マネーロンダリング防止のため、海外送金を行った金融機関に、きちんと送った金額に相当する商品が輸入されたということを証明しないと送金手続きがクローズできない。

ところが中国の代理人は、いくら催促しても日本での通関業者の連絡先を送ってこない。たぶん偽佐川に任せていたので、そこまで把握してないのだろう。結局、送り状に書いてあった発送元を検索し、そこにメールを送って連絡を取ることができた。こちらはもちろんきちんとした日本の会社なので、すぐに輸入許可通知書がメールで送られてきた。信用金庫に転送して一件落着。

輸入ビジネスは難しい

一時はどうなることかとやきもきしたが、何とか商品が揃ってお客様に届けることができた。発注から到着まで2か月半という、信じられない時間がかかってしまったが。

BCAAは国内工場で作っているし、10年以上やっているので、在庫がどれだけになれば次ロットを発注すればいいかが頭に入っている。血圧計は中国の3社に発注しており、まだ経験が浅く在庫をどれだけ持てばいいのかが掴みづらい。すべて前金だから、大量に在庫を抱えてしまえば資金繰りが悪化する。かと言って注文が徐々に増えているので、在庫を切らすわけにもいかない。輸入ビジネス、中国との取引。難しいが経験を積み重ねていくしかないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください