02/04 テレビとネットの近未来カンファレンス in “PAGE 2011”

池袋サンシャインシティで行われている印刷業界の展示会「PAGE2011」の一環として開催されたカンファレンスに行ってきた。逆桃さんが先に参加申請していたからだろうか、facebookで告知されていたのを見つけ、facebookで参加申し込んで手続き完了。

全体テーマは「映像・書籍コンテンツにおけるメタデータの流通を考える」だったが、講演内容は

・ルパード・マードック率いる米News CorpがApple iPad専用の日刊紙「The Daily」をリリースした件を中心にTechWave 副編集長 増田(maskin)真樹さんによる電子新聞・雑誌の最新状況

・http://www.ringolab.com/note/daiya/書評ブログ「情報考学」で有名なデータセクションの橋本大也さんによるソーシャルメディアとデジタルコンテンツの可能性について。読んだ本の気になる箇所をtwitter経由で共有することで、読書もソーシャル化する

・司会でメタキャストの井上大輔さんからTwitterでのRT数などを分析するHashBubble、イベントを共有するEvnetLineなど新しいソーシャルアプリの紹介

キャスタリアの山脇智志さんから「教育コンテンツが「消費」されていく時代」ということで、NHKハーバード白熱教室におけるバズ、メディアミックスなどの実態解析

というものだった。

最近、ネット業界から遠ざかっていただけに、最先端のマーケティングや流通に関する話題はたいへん刺激的だった。のんびりしていちゃダメだな。

カンファレンスの後、逆桃さんと近くの立ち飲み屋で語り合う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください