09/19~21 小川山・佐久でクライミング

秋のシルバーウィーク.山学塾の人たちに混ぜていただいて廻り目平でキャンプしてクライミングを楽しんできた.

土曜日の朝,SFさんと6時10分に西府駅で待ち合わせのはずが寝坊してしまい,起きたのが6時10分と大遅刻.それでも中央高速は空いていて10時ごろには廻り目平キャンプ場到着.駐車場・テントエリアともかなり混んでいたが林道側の水場近くにテントを張ることが出来た.

竹本さんとマキ君はゴジラ岩近くの未開拓エリアを偵察に行ってるとのことで,ぼくらは三島さんたちとフェニックスの大岩で登る.名前の無い5.9と5.10aぐらいのをオンサイト.

夜は焚火を囲んで盛大な宴会.元焼き鳥職人田島さんが自ら仕込んだ鶏肉でおいしい焼き鳥を焼いてくれた.

2日目,20日は予報通り朝から雨.

小川山でのクライミングは無理っぽいので,たぶん晴れているだろう50kmほど離れている佐久・志賀の岩場に移動.休日中日だが道路はそんなに混雑していない.

林道を上がっていくと多摩ナンバーの軽自動車が停まっている.何事かと行ってみると側溝に脱輪してしまい,立ち往生.草が茂っていて溝に気がつかなかったという.左の前輪・後輪ともすっかりはまり込んでしまい,押しても引いても動かない.さすがに人力で持ち上げても埒があかない.なぜか自分の車に牽引ロープが積んであったので,それを繋いで引っ張ったら脱出できた.

下の駐車場で岩場利用料を支払い,最後の駐車場へ.2分ぐらい歩くと広大な岩が広がっている.一応ぐるっと回ってみたがぼくらは「ひなたエリア」で登ることに.

去年公開されたばかりで100岩場には掲載されてなく,freefan80号の特集記事が頼り.自分は持ってきてないから,他の人にコピーを見せてもらいながら登る.なので登ったルート名とかグレードはよく分からない.たぶん5.9とか5.10aを3本ぐらい登った.

キノコがいっぱい生えていたけれど,図鑑など持ってきて無いので種類がよく分からず.

アプローチが短く,ほとんどリボルトされたばかりで安心,グレードも手頃ということで1人1,000円(JFA会員割引)という利用料も妥当だ.

夜はまたまた大宴会.元焼き鳥職人田島さんが自ら仕込んだ鶏肉を備長炭で焼いた絶品焼き鳥をいただく.

3日目,21日は何年ぶりだろうか,マラ岩へ.「川上小唄」でアップし,「屋根の上のタジヤン」(5.9)に取り付いたら,怖くて途中でテンション入ってしまった.情けないのう.

昼過ぎに自分らは撤収.川上村マルシェで巨大なズッキーニと激辛と描かれたぼタンコショウを,ナナーズで1升瓶ワインを購入する.

須玉から中央高速に乗ろうとしたら,なぜか須玉と韮崎の間で渋滞しているというので,そのまま国道141号を進んだら,こちらも渋滞.明野経由で来れば良かった.

韮崎から中央高速に乗ったものの,調布から大月まで60km5時間以上の渋滞との表示.これでは大月インターで降りるのも辛そう.

一つ手前の勝沼で下道に降り,ナビ頼りで真っ暗な山道を走る.ほとんど車は走ってない.

やがてふじみちに出たので県道35号線を経由し,相模湖で国道20号に.中央高速から迂回する車で混雑しているかと心配だったが,快適に走ることができて無事に帰宅.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください