07/22 母の老人ホーム入居が無事完了

母の老人ホーム入居が無事完了した.これで自分はコロナウイルス感染しても安心だ(な訳はないが).

1月の末に体調を崩して病院に緊急入院.3月になるとコロナウイルス感染増大で病院は面会休止.それでもなんとか老人健康施設を探し,4月に入所.ここも面会休止となり,何回かオンライン面会で話すことができた.

その間,有料老人ホームを探した.母は毎朝食前にインスリンの注射が必要なので,24時間看護師が常駐していることが条件になる.昼間だけ看護師がいるところでは朝食に間に合わないのだ.

やっと見つけたところもコロナウイルス感染拡大で見学休止,新規入居も停止となってしまう.

緊急事態宣言解除を受けてようやく7月8日に入居ということになったのだが,その直前に母が40度の発熱.コロナウイルスではなく,尿路感染症.本人は元気で食欲もあるというけれど,とても移動できる状態ではない.

老人ホーム入居時に巡回医師の診断を受けるため,8日を選んだのだが,次の巡回は2週間後になってしまう.老健施設に頼み込んで個室を割り当ててもらい,2週間期間延長で事なきを得る.

ところが20日に,今度は老人ホームのスタッフがコロナウイルス感染疑いという連絡が入る.さすがに老健施設ではこれ以上の延長は無理と.かといって我が家でもホテルでも対応できない.

幸いスタッフはPCR検査の結果陰性ということが判明し,予定通り老健施設から老人ホームへの引っ越しとなった.

あらかじめ布団や洋服,テレビなどは実家から運び込んだり,新しいものを買いそろえておいた.きれいな個室を母は気に入ってくれた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください