6/14 SGベースの改造でハマる

友人からEpiphone EB3,SGベースの改造を頼まれてはまっている.3極シーメンスキースイッチでフロント・フロント+リア・リアの切り替えになっていたものを60年代オリジナルの3回路4接点ロータリースイッチでフロント・リア・フロント+リア・フロントハイカットにして欲しいというのだ.

回路図はGibsonと書かれているので,これで正しいものとして配線したけどダメ.せいぜい部品10個ほどの簡単な回路なのに.

フロント単体,リア単体は音が出るけど,ミックスとハイカットの音が出ない.

で,回路図をそれぞれの状態で書き直してみたのだが,理解できない点がある.SELECT1だとコンデンサとコイルが直列接続でアースに落ちている.コンデンサは0.02μF,コイルのインダクタンスは250mH~2Hというので800Hzから2250Hzぐらいの共振回路.この周波数が減衰するのではないか.ベースだとそれでいいのか.



SELECT3のミックスとSELECT4のハイカットだけど,コンデンサが抵抗とパラレルに入り,チョークコイルがアースに落ちている.これはハイカットではなくローカットではないのか.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください