5/25 ダイニングルームのダウンライト設置,ようやく完了

自在錐での穴開けに失敗し,Amazonでホールソーを取り寄せた.これは開けられる穴の直径が100mmと固定されているが,自在錐と違って回転対称だからぶれることがない.

それでも石膏ボードは固くて時間がかかった.腕を上げた状態でドリルのスイッチを押し続けなければいけないので,意外とパンプする.穴を2個開けて,さぁ,天井裏に潜り込もうとしたのだが・・・ 入れない.

1階は西側の4畳半と東側の6畳間,いずれも押し入れの天袋から天井裏を覗くことができる.てっきりここから入れると思っていたのだが,入ろうとすると太い梁と柱が塞いでおり,とてもじゃないけど通れない.

大工さんはどうやって入ったのだろうか.それとも後から2階を増築しているので,補強などで通れなくなってしまったのだろうか.実務経験の無いペーパー第二種電気工事士の悲しさ.応用が利かない.とりあえず開けた穴を切り抜いたボードで塞ぐ.

一晩,放置していたが,ひらめいた.

元々はペンダントライトとダウンライトをそれぞれのスイッチで点灯できるように考えていたのだが,ペンダントライトだけでは暗いので単体で点灯することはまずあり得ない.

だったら連動しちゃえばいい

ペンダントライトの引っかけシーリングボディーを外して配線を引っ張り出し,天井の穴を広げた.ダウンライト2個とシーリングライト1個の4回線を手持ちの差込形電線コネクタで接続.穴からVFケーブルを突っ込んでダウンライト用の穴側に送り,引っ張り出す.シーリングライトの穴とダウンライトの穴は1mぐらいの間隔だからVFケーブルの方向を定めてやれば届く.

ケーブルが出てくれば後はワンタッチ.ダウンライトの接続端子にケーブルを差し込み,ダウンライトを穴にはめるだけ.

ついでに引っかけシーリングの周り,白ペンキを塗ってなかったところも塗りつぶした.

間違えて昼光色と電球色を混ぜてしまった.本当は電球色で統一するつもりだったが,脚立を片付けた後で気づいた.こんど取り替えよう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください