04/25 オートアンテナチューナーSG-230を引っ張り出すも

ALL JAコンテストで7MHzと50MHzだけではさみしいので他のバンドにも出られないかと,古いATU,SG-230を引っ張り出してきた.

これも20年以上前に5万円ぐらいで購入した.ロングワイヤーをつないで1.9MHzから28MHzまで使っていたが,いつの間にか動かなくなって放置していた.直下型,ずっと雨ざらしだったので水が入ったか.

電源を入れるとリレーがガチャガチャと動作し,LEDが1個付くけれどそれだけ.リグから送信してもまったく動きがない.

CPUには1979年にリリースされたMC6805が使われており,コンデンサとコイルをリレーで切り替えてチューンする.

このコンデンサとコイルとリレーを取り出してArdinoかRaspberry Piで制御すればATUが作れるはずだが,そういった事例が見つからない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください