03/31 コロナウイルス対策に安価なイソプロピルアルコールで消毒薬を自作

コロナウイルス対策の殺菌消毒剤だが,どこにも「手ピカジェル」とか売ってない.ネットショップでは怪しい消毒剤が法外な値段で出ている.そこで1リットル1,000円ほどと格安なイソプロピルアルコールで消毒薬を手作りした.

イソプロピルアルコールは分子式が C3H8O .2-プロパノール,イソプロパノールなどとも呼ばれる. 第二級アルコールの一種でWikipediaによると

医療機関等で消毒用として、エタノールと並び広く利用されている。エタノールと比べて殺菌できる菌種は少ないが、酒税がかからないため安価である。エタノールに比べて、脱脂作用が強く、やや毒性と刺激性が強いため、手指や器具の消毒が目安である。消毒用アルコールに2-プロパノールや添加物を混ぜている製品があるが、これは酒税を回避する措置である。

湿式のVHSヘッドクリーナー、CD/DVD/BDレンズクリーナーのクリーニング液、複写機のガラスやコンタクトレンズの洗浄液として利用される。

安価であること、油脂類をよく溶かすこと、速乾性であることなどから、機械部品の洗浄にも使用される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/2-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB

Amazonで安く売られているのは工業用イソプロピルアルコール.消毒用には使わないでと書かれているし,Q&Aでも出展者からは消毒には使えないという回答が付いている.でも,これは薬機法の関係.工業用イソプロピルアルコールを製造している三協化学のサイトによれば

消毒や殺菌に使用されるIPA(イソプロピルアルコール)は、日本薬局方に沿った確認試験を行い、医薬品として製造されているものです。逆に、そのような試験を通過していないものは、医薬品として「消毒」や「殺菌」ができると謳うことができません。
例えば、食品の分野で考えるとわかりやすいかもしれません。誰でも無許可で販売ができてしまったら、食品衛生に関する知識や設備がない環境で作られたものによって食中毒がおきたり、異物混入が発生したりする可能性が非常に高くなってしまいますので、現在は規模にかかわらず保健所の営業許可が必要です。それと同じで医薬品も、医薬品として販売して大丈夫かしっかり試験をしたものしか販売できません。それによって消費者の方々の安全が守られています。
医薬品を販売する際は、薬剤師が製造管理をしなければならない決まりがあり、販売にも製造にも免許が必要です。

https://www.sankyo-chem.com/wpsankyo/2714

工業用イソプロピルアルコールであっても純度99.9%以上のものは,ほぼ純粋なイソプロピルアルコールということであって,わざわざ不純物など混ぜるはずがない.購入者が自己責任で消毒薬として使うのは問題ない.

というわけでイソプロピルアルコールは届いたが,入れ物がなかなか見つからない.プラスチックの容器はPET(ポリエチレンテレフタレート)やPP(ポリプロピレン),PE(ポリエチレン),PVC(ポリ塩化ビニール),PS(ポリスチレン)などが使われている.このうちもっとも一般的なPETはアルコールに溶けてしまう.ワイン用のPETボトルなどは内部にコーティングしてあって溶けにくくしているようだけど,飲んじゃいけないイソプロピルアルコールをワインボトルに入れるというのはおかしいだろう.だいたい手元にPETのワインボトルなど無い.

何か所か探して, ザ・ダイソーぐりーんうぉーく多摩店で見つけたのがこのディスペンサー. アルコール禁止と書いてあるけどポリエチレンなので大丈夫なはず.

これにイソプロピルアルコールと水を4対1になるように入れた.本当は体積比で4:1にするようだけど,会社に計量カップやメスシリンダーとか無いのでデジタル式のはかりで重さを量って.それとイソプロピルアルコールはエチルアルコールより脱脂能力が高いので手荒れを防ぐためにグリセリンを10%ぐらい入れる.これの効果は分からぬ.市販のアルコール消毒薬にもグリセリンなどは入っている.

「アルコールと殺菌の話」(花王株式会社安全性評価研究センター 人見潤グループリーダー)によれば,エタノールの場合70%の濃度が最も殺菌力が強くなるという.

ラベルライターでシールを貼っただけの無愛想な消毒薬ディスペンサー.「消毒用イソプロピルアルコール」ではなく,「消毒用プロパノール」にしたのは,単に文字数が多くて張り切れなくなるから.

エチルアルコールよりは刺激臭が強いというか,シンナーやベンジンに近いというか,女性スタッフによれば「病院の匂い」.これ1本でしばらくは持ちそうだ.そのうちIllustratorでそれっぽいラベル作ってみようかな.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください