03/09 グレース・ホッパーさんのこと

『グレース・ホッパー プログラミングの女王』(ローリー・ウォールマーク著,岩崎書店 2019)という本がある.彼女は米海軍軍人で女性初の数学博士でCOBOL言語開発チームリーダーだった.

COBOLはぼくが書いた『プログラミング言語温故知新』によれば

1959年,アメリカ国防総省の呼びかけによっ てコンピュータのメーカとユーザが集まり,新しい共通プログラミング言語を開発するためのCODASYL(Conference on Data Systems Languages,データシステムズ言語協議会)が結成されました。
当時はコンピュータ用の言語がメーカーごとにバラバラであり,効率を上げるために標準的な言語を制定することが急務だったのです。

このCODASYLで制定されたプログラミング言語がCOBOLです。COBOLはCOmmon Business Oriented Languageの略で,共通事務処理言語という意味です。

最初のCOBOLコンパイラは1960年10月,RCA社のRCA501上で実行さ れました。Fortoran,LISP,ALGOLなどともに歴史あるプログラミング言語の一つです。ちなみにCODASYLでCOBOLの規格制定の中心となったのが,女性初の数学博士号を取得者であり,プログラミングにおける「バグ」と言葉を生み出したと言われるグレース・ホッパー海軍少将(Grace Murray Hopper 1906-1992)です。

となっている.自分は仕事でCOBOLを使ったことはなく,この本を書くために始めてCOBOLの参考書を紐解いた次第.「Hello World」の1行を表示するだけでも見出し部,環境部,データ部,手続き部と決まり切った定義を書かねばならず,面倒くささに驚いた.まぁ,この形式主義が高い保守性を担保しているのだろう.

世界で最初のプログラマーは19世紀,チャールス・バベジの開発した蒸気式計算機「解析機関」のプログラミングを担当したエイダ・ラブレス夫人と言われているし,女性は早くから活躍している.

で, 『グレース・ホッパー プログラミングの女王』 .これまた中身は読んだことがないのだけど宣伝文句が「英語を用いたC言語を世界ではじめて開発した女性の伝記絵本」ってのはまずいだろう.C言語の作者はAT&Tベル研究所のデニス・リッチーだよ.デニス・リッチーはUNIXの開発者であり,UNIXで動く開発言語としてC言語を作った.どこで間違えたのだろう.岩崎書店はIT系の出版社ではなく,児童書専門出版社なので,プログラミング言語については詳しい人がいなかったのかもしれない.

そしてグレース・ホッパーとデニス・リッチーの二人と何の関係も無いが,映画『イージー・ライダー』の監督・主演がデニス・ホッパー.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください