01/17 都庁森林課で台風19号被害と林道復旧について聞く

みんなの森財団理事長の園田さんと都庁森林課で林道復旧予算について聞いてきた.

まず,台風19号の都内農林水産業被害だけど,農業が34億3800万円.内訳は農作物2億2600万円,農業施設700万円,農地への被害32億500万円.
林業の被害は総額25億3400万円.内訳は土砂流出8億3400万円,林道が17億円.
農地被害のほどんどがワサビ田への土砂流入23億円.奥多摩のワサビ田は壊滅状態.

12月に成立した補正予算は3月いっぱいで発注まで終わらないといけないので,設計など面倒な崩落復旧などは無理.重機入れてすぐ工事できる土砂流出などがせいぜい.2020年度本予算で取り組むことになる.被害については予算付けるので,放置ということはない.

ただ,ほとんどの林道は自治体管理林道なので,自治体が予算請求しないといけない.日の出町役場の農林担当者は2人だから,とても手が回らないのではないか.

役場として,どの林道から先に復旧するか,住民に説明できる根拠が必要.クライミングエリアだけでは難しい.有害獣駆除のハンターや山主を巻き込んで声を上げるのが効果的か.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください