10/4 Santanaの「Guitar Heaven The Greatest Guitar Classics of All Time」

昨日、J-WAVEを聞いていたらCarlos Santanaが弾く「While My Guitar Gently Weeps」が紹介された。もちろんジョージ・ハリスン作曲のビートルズナンバーをカバーしたもの。アルバムにはこのほかにZeppの「Whole Lotta Love」やCreamの「Sushine of Your Love」、Purpleの「Smoke On The Water」などなど、ロック名曲が詰まっているというではないか。9月22日に発売されていたとは、知らなかった・・・

さっそく、新宿のタワーレコードで買ってきて、会社のPCでヘビーローテーションする。

曲目とオリジナルは

01. Whole Lotta Love (Led Zeppelin)
Featuring Chris Cornell

02. Can’t You Hear Me Knockin’ (The Rolling Stones)
Featuring Scott Weiland

03. Sunshine Of Your Love (Cream)
Featuring Rob Thomas

04. While My Guitar Gently Weeps (The Beatles)
Featuring India.Arie and Yo-Yo Ma

05. Photograph (Def Leppard)
Featuring Chris Daughtry

06. Back In Black (AC/DC)
Featuring Nas

07. Riders On the Storm (The Doors)
Featuring Chester Bennington and Ray Manzarek

08. Smoke On the Water (Deep Purple)
Featuring Jacoby Shaddix

09. Dance the Night Away (Van Halen)
Featuring Pat Monahan

10. Bang A Gong (T. Rex)
Featuring Gavin Rossdale

11. Little Wing (Jimi Hendrix)
Featuring Joe Cocker

12. I Ain’t Superstitious (Howlin’ Wolf, Jeff Beck Group)
Featuring Jonny Lang

デラックス版にはCCRの「Fortunate Son featuring Scott Stapp」とRed Hot Chili Peppersの「Under the Bridgefeaturing Andy Vargas」が、日本版には浅井健一の「La Grange」がボーナストラックとして追加されているらしい。ぼくが買ったのは安いノーマル版なので12曲だけだが、これでもたっぷり楽しめる。

まずは「Whole Lotta Love」、「Can’t You Hear Me Knockin’」、「Sunshine Of Your Love」、「While My Guitar Gently Weeps」と、しょっぱなから名曲の連続に打ちのめされる。

「Can’t You Hear Me Knockin’」はかなりラテンフレーバーが聞いているし、「While My Guitar Gently Weeps」はチェロの巨匠ヨー・ヨー・マをフィーチャーしてクラシック風アレンジで始まり、India.Arieのハスキーな女性ボーカルが重なり、最後はカルロスの泣きのギターがからんで完全にサンタナワールドだ。

さらに「Smoke on the Water」「Bang a Gong」「Little Wing」と、感動の盛り上がり。それにしてもハードロックの超古典「Smoke on the Water」をサンタナがやるとは・・・ Doorsの「Riders On the Storm」ではオリジナルメンバーのRay Manzarekがあのオルガンを弾いているのだろうか。

1947年生まれのカルロス・サンタナ。60歳を越えてもますます元気いっぱいに音楽活動を続けてくれそうだ。また来日しないかなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください