8/29 ガス乾燥機のファンベルトをUVレジンで繋いでみる

ガス乾燥機のファンベルト.半田ごてで溶かして熱融着させたけど,ぜんぜん強度が出ない.引っ張っただけで切れてしまう.熱融着できない素材なのだろうか.

こういったものの接続には紫外線硬化樹脂を使うといいというので,機材を揃えた.紫外線照射ライトはアマゾンなどで1000円程度から売っているけれど,固まりにくいとか,表面がベタついたなどのレビューもある.固まりやすさは波長と出力で決まる.秋月電子で波長365nm,出力3WのパワーLEDが売っているので,自分で組み立てる.
秋月電子で紫外線パワーLED基板付き,ヒートシンク,定電流モジュール,ヨドバシカメラで熱伝導両面テープを購入.合計987円.
LED基板に定電流モジュールの線を半田付けし,ヒートシンクにテープで止めるだけ.切り込みをネジ止めするだけでも良かったか.ヒートシンクもせいぜい1分程度しか照射しないので,こんな大きいものは不要だった.電源は無線用安定化電源からミノムシクリップでつなぐ.

樹脂はダイソーで速乾UVレジン液,ハードタイプ・クリア.アクセサリを作るのに使うので,手芸コーナーに置いてあった.ソフトタイプとどっちがいいのかな.

紫外線LEDと言っても点灯させると可視光もけっこう出る.この光,直接見るとかなり目に悪いらしい.1万円札を照らしてみたら偽造防止の印刷が浮かび上がった.

100鈞で買ったプラスチック製ノギスにベルトを止め,レジンを垂らして紫外線を30秒照射.べたつくこともなく,かっちり固まっている.念のため,数回上から重ね塗りして補強した.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください