7/21 あきる野市で間伐作業

参議院選挙の投票をしてから森の家へ.今日はあきる野市の特別養護老人ホーム増戸ホームに隣接している林の間伐.森の包括支援センターで受けた仕事兼山仕事研修会.

杉や檜が秋川街道やホームに倒れるんじゃないかということで,オーナーの太平洋マテリアルから依頼があったそうだ.
参加者の多くがチェンソー初心者ということで,チェンソーの使い方,給油の仕方から教わる.自分もマイチェンソーを久しぶりに引っ張り出した.このところ雨続きで冒険の森岩場の整備もご無沙汰だったから.
まず,倒してあった木の枝を払い,玉切りして積み上げる.足下が片付いたらチルホールで倒す方向に引っ張り,根元から伐倒する.

樹齢50年の檜が原木市場に持っていって3000円じゃ,林業廃れるよなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください