5/12 アンテナ整備2日目 ローテーター交換

今日は回らなくなってしまった30mタワーのローテーターを交換する.

集合時刻よりちょっと早く行き,豚肩ロース塊を燻製にする.自家製ハムの最終工程だ.自宅でやると苦情が入ったりするけど,このエリアなら問題ない.

準備していたらBVIが立川クラブの人と遊びに来た.
30mタワーのトップまで登り,PASとクイックドローで身体を固定して作業開始.
まずローテーターの上にマスト足場を固定し,これにパワーウィンチのワイヤーを引っかけ,反対側はタワーのトップに引っかける.
ユニバーサルジョイントを固定しているボルトを外し,ウィンチのレバーを数回操作するとマストクランプが浮いた.
エモト1300MSを固定しているボルトを外し,ロープで地上に降ろす.
地上班がユニバーサルジョイントの下側を1200SAに取り付け,ロープで引き上げる.
ところがここで問題発覚.マストを引き上げる時に北側に傾いてしまい,マストクランプ・ユニバーサルジョイントがタワーのブレスにはまり込んでしまっている.上にも下にも動かない.足で押してもビクともしないし,ブレスと干渉しているのでマストクランプを外すこともできない.

しばらくトライしたけど,どうにも動かないし寒くなってきたのでいったん敗退.
写真やドローンの映像を元に地上班と相談した結果,もう1個パワーウィンチでマストクランプを横から引っ張ったら行けるのでは無いかということに.
とにかく,アンテナマストが浮いている状態で放置するわけにはいかない.

下ろした1300MSの底はネジ穴が2個飛び,割れ,回ってしまったので周囲がぐるりと削れている.すごいものだ.

RXCたちがコーナンにパワーウィンチを買いに行っている間に燻製セットを片付ける.いい色が付いた.

そして再び30mタワーへ.新しいパワーウィンチのワイヤーをブレス経由で横からマストクランプにかける.反対側はタワートップに届かないのでクィックドロー2本で固定.クィックドローは衝撃荷重22KN,静止荷重2トンに耐えるので,たぶん大丈夫だろう.
だけど,横からパワーウィンチで引いても動かない.ブレスで曲がっている分ロスがあるのと,手でレバーを押す限界じゃないだろうか.

結局,車載ジャッキを引き上げ,噛んでいる側か押すことに.
これは上手くいってマストをほぼ中央に持ってくることができた.
ユニバーサルジョイントの上下位置を合わせ,引き上げているウィンチを緩めるのだけど,穴にピンが入らない.ネジを切ってある方は入ったけど,反対側のピンが,位置は合っているのにそこへユニバーサルジョイントの上側が降りてこないのだ.ハンマーで叩いたりバール代わりにジャッキのハンドルで動かしてもだめ.パワーウィンチを緩めると穴の位置がずれてしまう.

真っ暗になってしまい,ヘッドライト付けての作業.
結局,マストクランプを緩め,手でユニバーサルジョイントの上下ピンを穴におさめた.
ローテーターのコントロールケーブルを引き上げ,本体に接続してアンテナが左右に回転することを確認して作業完了.
緩めたナットを締め,ウィンチやジャッキを降ろして撤収.
再び地面に立ったのは20時過ぎ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください