11/20 神保町のお読見会に参加。橘川幸夫さんからロッキンオン創刊裏話を聞く

神保町の「ブックカフェ二十世紀」で伊藤淳子さん主催の「お読見会」に参加。出版や編集,執筆などに関わっている人が本を持ち寄って自己紹介。

今日はロッキンオン創刊メンバーの橘川幸夫さんがゲスト参加され,当時の裏話からインターネットの未来まで。ロッキンオンは高校時代,確か神宿のロック喫茶「サブマリン」で創刊3号を購入し,今でも持っている。橘川さんは雑誌や書籍など,メディアを通じて一方的に存じてはいたけれど,リアルに接して話を聞けるとは思わなかった。
自分は『プログラミング言語温故知新』を提供し,菅野久美子さんの『孤独死大国』をいただいてきた。

二次会は美女4人に囲まれた黒1点で点心食べて帰宅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください