10/6 別宅シャックのアンテナが台風で壊れたので修理

別宅シャックのアンテナが台風で故障したので,府中クラブメンバー集まって修理。

18mパンザマストトップのX7000が折れたのは聞いていたけど,30mタワーのローテーターも不調というか,回らないという。向かいの建物は壁が吹っ飛んでいた。
タワー基部にケーブルがやたらだらんと垂れ下がっているので,双眼鏡で確認してもらったら途中でケーブルを止めていたタイラップやビニールテープが全部無くなっている。強風で千切れ,30m分の重さがバランやコネクタにかかったようだ。
幸い,アンテナのSWRは正常値だったので,ローテーターのコントロールケーブルだけ点検する。まずタワートップまで登り,コントロールケーブルを外してロープにくくりつけて地上まで降ろす。途中,ロープが絡まって10mぐらいクライムダウン。疲れた。
地上メンバーにコネクタをチェックしてもらい,再度引っ張り上げる。ローターターに接続し,ちゃんと回ることを確認し,タワーにケーブ類をタイラップで固定しながら降りる。
昼食はみんなで野猿街道にあるハンバーグ・ステーキ屋へ。300gのハンバーグランチでお腹いっぱい。
戻ってきてパンザマストのX7000交換に取りかかる。まず空身で登って折れたX7000を外し,ロープにくくりつけて地上に降ろす。途中で折れた先の外皮がすっぽ抜け,あわやRXC直撃の危機。GPの中身は銅線とコイルが何段も重なっているので逆さまにぶら下げても平気だと思っていたが,グラスファイバー製外装は接着されていたわけではなく,重力で落ちていったというわけ。

次に地上で組み立てておいた新品のX7000をロープで引き上げる。ロープに仮固定した状態で同軸ケーブルを接続し,自己融着テープを巻く。
この後はX7000をまっすぐ持ち上げてパイプブラケットに挿入すればいいだけ。だが,風がどんどん強くなって身動きできない。PASとスリングとヌンチャクでマストにセルフビレイ取っているけれど,地上20m地点では風で揺れるのだ。
それでも風が弱まった一瞬,全長5mのX7000を持ち上げ,パイプブラケットに突っ込む。ロックボルトで固定して一息ついた。
後はラジアルを取り付け,地上でSWRを測定してもらい,問題無しとの答えを聞いてケーブルをまとめながらクライムダウン。

なんかすごく疲れてしまった。
夜は府中平和祭り前夜祭に行くつもりだったが,帰宅してシャワー浴びて焼酎飲んでる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*