8/4 Maker Fair Tokyo 2018行ってきた

今年もビックサイトで開催されたMaker Fair Tokyo 2018に行ってきた。

ロボットが演奏するロボット楽団

IMSAI8080の復刻版Legacy 8080を展示する技術少年出版社社長で月刊アスキー初代編集長だった吉崎武さん

先日,Fusion 360 Academyでも出展?していた小林竜太さんの魔法の箒Ext-Broom。プラスチック部品はFusion 360で設計し3Dプリンタで打ち出したという

6BM8アンプ。詳細は聞かなかったけど,木の外装がおしゃれ

Arduino Pro Mini互換,低消費電力化し,バッテリー駆動を可能にしている。無料配布していたので1枚もらってきた。I/Oピンとか自分でつながないといけないが,この秋はこれをいじってみるか

自動綿飴製造マシーン

バイオ系というか,植物を育てている

これは農業系。犬をカメラで識別し,スポンジボールを発射する。対象物や発射物を変えればイノシシや鹿対策に使える

教育用ワンボードマイコンMicro:bitを使った組紐マシーン

密閉したガラス容器の中で水草とメダカを育てる

カミソリの刃と鉛筆を検波器とした塹壕ラジオ。コンデンサを使ってないのでコイルと浮遊容量だけで同調取るのだろうか。イヤホンでちゃんとAM放送が聞こえていた

SONYが発表したワンボードSPRESENSE。カセットテープに組み込んで初代ウォークマンで音楽を再生するデモ

SPRESENSEの関連部品

Arduinoを使ったモノフォニックシンセサイザーDigital Synth VRA8-N。けっこういい音していた

MIDIで演奏するリアル音源

パラグライダー愛好家のための,超音波風向風速計。プロペラ式風速計程度の弱風検知ならば素子間はこんな近くてもいいのだという

ホーテンス遠藤さんがフローティングペンを出品

デッキブラシにワイヤレスセンサーを付けたバーチャルカーリング。他ブースのスターウォーズメンバーが汗だくになってプレイしていた

いろんな種類があるカスタマイズRaspberry Pi

プラパネの筐体にマイクロスイッチと3Dプリンタで作ったキーを取り付けたシンセサックス

犬の歩数を計測し,自動的にSlackに配信する犬用Wifi万歩計

ナイフを使って杭を作る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください