5/28 ThinkPad T460sのキーボードを修理した

昨年2月に購入したThinkPad T460s。最近になってキーボードが調子悪くなり,gやhのキーを押しても入力できなくなってきた。ログインパスワードにこれらの文字が入っているので無茶苦茶不便。再起動してもデバイスドライバを最新にしても治らないので修理に出した。

購入時に2年間のメーカー保証を付けている。これまでノートパソコンで壊れることも無かったので延長保証入るかどうか迷ったけれど,入って良かった。
ThinkPadはキーボードの交換がユーザーでも簡単にできるので,キーボードだけ送ってもらえないか問い合わせたら,それだと保証が使えないという。ユーザー修理の方がノートPC不在期間が短くて済むのだけど,せっかくの延長保証を使わないのはもったいない。

修理の時に最悪,SSDの中身を初期化するかもしれないというのでバックアップを取るべきなんだろうが,マイドキュメントの中身はオフィスのデスクトップPCとほとんど同じだから省略。いつか,ちゃんと外付けハードディスクで丸ごとバックアップしておこう。

指定日時に佐川急便が専用の箱を持って登場。これに詰めて渡す。あ,ログインパスワード書いて入れておくのを忘れた。

これが5月23日。そして5日後の今日,修理完了で配達された。全部のキーがちゃんと入力でき,SSDの中身がそのまま残っていることを確認した。1週間かからなかったのはラッキー。明日の講義でも使える。

やっぱりThinkPadのキーボードタッチは良いな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください