5/14 秩父でD-Oneの合宿

14日、秩父の農園ホテルというところでD-One(全国デジタルオープンネットワーク事業協同組合)の合宿が行われた。

毎年1回、組合員の親睦と突っ込んだ討論を目指して合宿を行っている。一昨年は熱海、昨年は広島で開催された。今年は内陸部で秩父に。

金曜日はずっと家で原稿を書いていたので、国分寺から西武線を乗り継いで西武秩父へ。いつも二子山クライミングに行くために車で走っている299号線と平行しているのだが、車窓からの光景は新鮮だ。運転しなくていいというのは楽だなぁ。

他のメンバーは特急で来るのだが、各駅停車で行ったぼくは20分ぐらい早めに到着した。秩父名物のソバでも食べようかと思ったが、店を探してうろうろしているうちに集合時刻の14時50分になってしまい、結局、駅売店でパンを買ってかじることに・・・

今回泊まったのはナチュラルファームシティ農園ホテル。直営農園で採れた有機野菜の料理が売り物らしい。秩父市の南側高台にあり、秩父市を一望に見下ろすことができる。ちょうど荒川をはさんでミューズパークの反対側にあり、遠くに二子山の山頂がのぞいている。ああ、こんないい天気で岩場が見えているのに、登りに行けないとは…

合宿に参加したのは小山内理事長、藤倉前理事長をはじめ9名。紅一点の牛来さんは広島からはるばる参加。坂川さんはハーレーでやってきた。

まずは会議室に移動し、組合として取り組む新規事業について3グループに分かれて徹底討論。討論が煮詰まったところで各グループから成果発表。ここでセキュリティレディ事業の手塚さんは、iPadを駆使してプレゼンテーション。9人で同時に見るにはちょっと画面が小さいかな。

夜は宴会場で夕食。旅館の料理というと、いっぺんにどっさり出てきて食べきれないことが多いけれど、ここは1品ずつ順番に出してくれるし、油っぽくないヘルシーなメニューで気持ちよく食べることができた。

さらに理事長の部屋に移動して宴会の続き。このところ寝不足が続いていたので、ぼくは早めに自室に戻って寝てしまった。

今朝の朝食はバッフェ。いつも家ではご飯に納豆なのだが、たまには洋風ということでパン、ソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ、オレンジジュース、サラダ、フルーツをチョイス。サラダは直営農園で採れたラディッシュや大根が入っていて、おいしい。ベーコンやソーセージも無添加の自家製だという。

10時過ぎに送迎バスで秩父西部駅へ送ってもらった。小山内さんたちは秩父観光に繰り出すということだったが、ぼくは都内で結婚パーティがあるため、ここで特急に。秩父を後にした。

今回の合宿で話し合った新規事業。うまく起動に乗せられれば、組合にとっても会員企業にとってもかなりメリットがあるだろう。ちょっとこのところ組合活動が停滞気味なので、なんとかがんばってスタートさせたいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください