SoftEtherが「トロイの木馬」だと

コンピュータ・アソシエイツ(CA)のサイトでは、パソコンがスパイウェアに感染してないか診断してくれるeTrustペストスキャンというサービスを無料で提供している。
http://www.nospy.jp/spyware/freescan/index.htm
で、手元のノートパソコンをスキャンしてみたところ
SoftEther RAT
DoubleClick Tracking Cookie
の2つに感染していると表示された。
DoubleClickは、ネット広告のDoubleClick社のトラッキング・クッキー。そしてSoftEtherは筑波大学の登君がIPAの未踏ユースで補助をもらって開発した無料のVPNソフトだ。
たしかにSoftEtherは不注意に使えばセキュリティホールにはなるだろうが、
RAT : RAT(リモート管理ツール)はトロイの木馬で、実行時に、攻撃者のマシンの「クライアント」と被害者のマシンの「サーバ」を使用して、攻撃者が被害者のマシンをリモート制御できます。
http://www3.ca.com/securityadvisor/pest/pest.aspx?id=453078890
とは言い過ぎじゃないか?
危険なものを危険だと警告するのはいいのだが、危険でないものを危険なように警告してしまうと「オオカミ少年」になってしまい、かえって逆効果ではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください