03/17 二子玉川ストリートマーケット「ふたこ座」でペット血圧測定

3月から本格的に販売を始めたペット用血圧計PES-1700。ネットではあっという間に完売となって,次のロットを注文した。そして3月17日・18日に二子玉川のライズで開催された二子玉川ストリートマーケット「ふたこ座」にブースを出して展示即売イベントをやってきた。

この「ふたこ座」,エイガアルの伊藤順子さんが係わっており,農業女子というブースを出している。その一角を他の人たちとシェアさせていただいた。野菜とかジャムとかピクルスとか味噌とか,手作りに近い数百円から1000円ぐらいのものを並べて,散歩がてらの方に製品PRを兼ねて販売しようというイベント。15000円の血圧計が売れるとも思えないので,無料でペットの血圧を測りますというのをやってみた。

朝,ザックに血圧計,チラシ,重さ2kg超の鉛バッテリー,DC-ACインバータを詰め込み,手にキヤノンのインクジェットプリンタキヤノンIP2700を持って家を出た。ザックが重い。後で測ったら10kgを越えていた。登山用のザックならばなんとかなるけど,カジュアルな街中用ザックではとても辛い。プリンタは軽いけどかさばるし。

ふたこ座オープニング直前ぐらいの11時に滑り込み。農業女子のブースは,茨城県でパパイヤを栽培してピクルスやお茶を作っている阿部さん夫婦,GPSを使ったペット用位置センサー(迷子札)を作っている合同会社結,長野県で縁側猫や唐辛子を使った獣害対策などをやっている渡部さんとシェア。

ふたこ座,さすがに猫を連れて散歩している人はいない。散歩のお供は犬だ。犬を連れている人が通ると「ワンちゃんの血圧測りますよ」と声をかける。二子マダムたちも,「え,ペットの血圧なんて測るの!?」と驚く人がほとんどだ。動物病院だって血圧計置いてるところが珍しいのだから,健康なペットの血圧を測るなんてこと自体が始めてなのだろう。自分だってあきちゃんのガン手術がなければ,ペットの血圧計なんて思いつかなかったもの。

無料ですよ~ということで,ぼちぼち測定に応じてくれる飼い主さん。ところが,印刷ができない。Microsoft Accessにペットの名前や血圧を入れてハガキ大の用紙に印刷しようとしたのだが,なぜか1行目のデータしか印刷されない。

幸い,ベースとなる画像データは別途持っていたので,それを用紙に印刷し,手書きで名前や血圧を書き込んでお渡しした。これなら会社で印刷してくれば良かったので,なんのために重たいバッテリーやプリンタを持ってきたのか。おまけに寒さで手がかじかんでしまう・・・

Accessをいじる気力もなく,この日は手書きでカードを渡して終了。

夕方,閉店後にみんなで桜新町に移動し,持ち寄りで飲み会。近所に住んでいる三田典玄さんも合流。いろいろ楽しい話で盛り上がった。

プリンタやバッテリーは伊藤さんの家に預けてこの日は帰宅した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください