英国大使館でインタビュー

月曜日、火曜日と英国大使館へ。
去年からやっている英国大使館対英投資部発行の「SPARK」次号で、英国ゲーム業界ミッションの人たちへのインタビュー記事を載せる。
月曜日は「ゲーム開発のリーダー 英国」というセミナーを聞く。本当は事前にWebで申し込みをしておかなければいけなかったのだが、勘違いしてアポ無しで行く。入り口で担当者を呼んでもらったが、セミナー準備でつかまらず、警備員にエスコートされて会場まで。大使館の中に入ったのは始めて。
20060303-eikoku1.jpg
セミナーには貿易産業省コンピュータゲーム・パブリッシング部のJohn Kroeger部長、ScreenDiges社のアナリストBen Keenさん、RTW社のスタジオマネージャーColin Macdonaldさん、携帯電話コンテンツ会社O2のi-mode部長Simon Deanさん、そしてボーンマス大学コンピュータアニメーションナショナルセンター所長のPeter Comninos教授が出席。中央官庁でゲーム部門があるとは驚き。経産省にはないよね。
火曜日はSPARKの編集者、通訳の人などと待ち合わせて入る。この日は免許証拝見とバッグチェックがあった。Keenさん、Macdonaldさん、Deanさんに1時間ちょっと聞く。
面白かったのは、日英の開発文化の違い。日本で「ベータ版」と言われる段階は、英国では「アルファ版」となってしまうそうだ。だから「ベータ版です」といって見せると、完成度の低さに驚かれてしまうという。
でも、英国でもプログラマーは納期前になれば寝袋を会社に持ち込み、コンピュータに向かってプログラミングし、床の寝袋で仮眠し、またキーボードを叩き、出前のピザを食べるという生活になるそうだ。
原稿を書き上げてメールした。掲載された「SPARK」9号は来月発行の予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください