07/23 洗濯機用給水ホース接続アダプタの取り付け失敗で蛇口に穴が開いてしまった

我が家では洗濯機を風呂場に置いている。給水も専用の水栓などなく、混合水栓の蛇口にワンタッチ式アダプタを取り付け、そこからホースで引っ張っている。シャワーを浴びるときはシャワー側に、洗濯するときはカラン側にレバーを倒す。少し前からこのアダプタの水漏れがひどくなってきた。最近では洗濯中に洗面器を置いているのだけど、1回洗濯すると洗面器がいっぱいになるほど。

パッキングがへたってきたのだろうと、ホームセンターで新しいアダプタを買ってきた。カクダイのビス止め口金というもの。4本のネジでアダプタを横から蛇口に固定し、ニップル部を回してパッキングを蛇口に押しつける。取り付け作業は数分で完了。ところが、水栓のハンドルをカラン側にすると、前よりも盛大に水が漏れる。パッキングを裏返してみたり、ゴム糊を塗ってみても効果が無いどころか、勢いよく水を噴き上げる状態に。これではまったく洗濯ができない。

よく見たら蛇口の横に穴が開いていた。止めるためのビスを強く締めすぎてしまったのだろう。ネットで調べるとありがちなトラブルらしい。

ホームセンターで新しいアダプタを買ってきた。今度のは洗濯機用取替簡単ニップルというもので、穴の開いた蛇口を取り外し、そこにニップルを直接取り付けるというもの。相手は蛇口取り付け用にもとからネジが切ってあるので、横から抑える必要などない。プライヤーでナットを回せばがっちり取り付けることができる。一応、念のためにネジ山にはシールテープを張ったけど、たぶん必要ないだろう。

こちらも作業時間は数分。もちろんまったく水漏れすることは無い。蛇口の長さだけ出っ張っていたのがすっきりした。以前のビス止め口金が600円ぐらい、簡単ニップルは1000円ぐらい。プラスチック製の簡単ニップルならもっと安い。最初からこれにしておけば良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください