05/04 岡山で友人宅に居候し、備中エリアでクライミング

3日の夜から6日の夜まで岡山に行ってきた。6日に岡山大学北津寮・女子寮・青桐寮合同還暦同窓会が開かれ、それに参加するついでに昨年岡山県に移住したクライミング仲間、Mao & Chie今尾夫妻宅に転がり込み、備中エリアでクライミングをするという2本立て。

同窓会は6日の夜20時過ぎまでだが、翌7日には八王子でボルダリング・ワールドカップ八王子大会が開催される。土曜日のうちに新幹線で帰ってくるとすると、岡山駅を20時36分発が最終なので、ほとんど余裕がない。そこで岡山を22時過ぎに出発する夜行バスに乗ることにした。7日の朝に新宿バスタに着くので、ワールドカップにも間に合う。もちろん新幹線や飛行機より安い。それなら行きも夜行バスにしてしまえということで、3日夜22時10分新宿発~4日朝8時半岡山着の便をゲットした。

車内にトイレはなく、2時間おきぐらいにサービスエリアのトイレに寄る。2人掛け窓側の席だったのでトイレに行くのが面倒だったけど、それ以外はぐっすり眠ることができた。

4日の朝8時過ぎに岡山駅西口前に到着。

東口のマクドナルドで軽く朝食を済ませ、9時17分のローカル線に乗って最寄り駅へ。今尾夫妻が迎えに来ていただいたので、多摩ナンバーのエクストレイルに乗り込んで早速岩場に向かう。

まず、二人がトライ中のルートがある羽山峡へ。写真では見ていたが、本当に車道の横がそのままクライミングエリアになっているので驚く。上はすごい被っているし、下は鍾乳洞。まったくの観光地をよくもクライミングエリアとして開放させてもらったものだ。この日は数グループがトライしていて、混雑しているのと簡単なルートが無いというので別のエリアへ。2、3カ所回ってから長屋坂で登ることにした。

長屋坂も道路から10mぐらいで岩場という好条件。この日は開拓者の東秀樹さんがロックランズのお客さんたちと遠征で来ていたり、千葉のグループが来ていたり、最後にはなんと東京のクライミング仲間である小室夫妻までやってきて驚いた。

「プラナン」(100岩場だと5.9、PUMPのトポだと5.10a)をオンサイトしてアップ。石灰岩登るのも数年ぶりのこと。
次に「ザグ」(100岩場だと5.9、PUMPのトポだと5.10a)をマスターオンサイト。気持ちの良いスタートを切れた。
ヌンチャクが掛かっていたので「ミセスエリコ」(100岩場だと5.10a、PUMPのトポだと5.10b)にとりついたが、左に移るところでホールドを見失ってテンション。右の真っ白にチョークが着いた縦ホールドに目を奪われてしまったのが敗因。

2便目もちょっと落ちそうだったけど、強引にトラバースしてレッドポイントできた。

その後、「スプリング」(5.11a)をトライしたが、途中の核心を越えられない。左右の薄いガバカチを持って右足をハイステップし、その足に乗り込んで甘いパーミングホールドで耐えて右手を伸ばせばガバだというが、右足に乗り込めない。足をもっと右に開いて腰を岩に近づけないといけないのにできない。2回ぐらいやって諦めた。

今尾宅はかなり山奥っぽい感じ。築70年ぐらいの古民家を買い取り、二人でコツコツ直しながら住んでいるという。着く前に「トイレは水洗じゃなくてくみ取りですから」と言われて、ぽっトン式かと覚悟していたが、実際には洋式便器。ただ終わった後ジェットガンで汚れを流す方式だった。

残念だったのはドコモの電波が圏外だったこと。ノートパソコンをテザリングでインターネット接続しようとiPhoneを持ってきたのだが、これがドコモのSIMなので役に立たない。auのGalaxy Edge 7はうまくノートPCと接続できず。光ファイバーはもちろん、ADSLも無いので二人はスマホの大容量データ契約にしてMacもスマホも済ませているという。若い人を呼び寄せようと思ったら、ネット環境は大事だよなぁ。

この家にはもう一人、23歳になるミミちゃん(メス)がいる。Chieさんが大学生時代に拾ってきて、ずっと一緒に住んでいるという。人間でいえば100歳相当の超高齢だけど、まだまだしっかり自分で歩いて自分でトイレ行ってる。なぜかぼくになついて、膝の上でゴロゴロしてくれた。

庭の畑の野菜を使った、Chieさん手作りの料理をいただき、夜遅くまで話した。


Maoさんは家をリフォームするために電気工事士の資格も取ったという。床がだいぶ傷んでいるので、歩くとブカブカしている。3部屋は床板をすべて剥がしてあり、ジャッキアップして腐った土台から換えていくという、壮大な計画。DIYなんてレベルじゃなくてほとんど大工の仕事だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください