03/11 ThinkPad T460sのFnキーとCtrlキーを入れ替える

T460sをしばらく使っていて、FnキーとCtrlキーを入れ替えることにした。HHKBでもASUS X250でもCtrlキーは一番左側になっていて、Fnキーは右下とかちょっと離れたところにある。HHKBではそもそも下から2列目にCtrlキーがあって、すごく使いやすいんだけど。自分はEmacsをメインのエディタやメーラとしているので、カーソル移動や削除にCtrlキーを押しながら操作となり、T460sではついついFnキーを押してしまう。どうやらFnキーが左端にあるのはThinkPad共通らしい。

ドライバをいじるのかと調べたら、BIOSでFnキーとCtrlキーを入れ替えることができるようになっていた。

いったんT460sをシャットダウンする。そしてF1キーを押しながら電源ボタンを押して再起動。

BIOS設定画面が立ち上がる。

[Config][Keyboard/Mouse]を選択する

[Fn and Ctrl Key setup]を[Enabled]にする

[Exit Saving Changes]を選択する

[Save configuration changes and exit now?]に[Yes]を選ぶ

これで再起動するとFnキーとCtrlキーが入れ替わり、左端がCtrlキーとして動作する。キートップの刻印と食い違っているのがちょっと悲しいけど、操作性がぐっと向上し、Fnキーとコマンドキーを押して何も動かないと焦ることがなくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください