4/13 神保町でランチに「海南鶏飯」

今日は昼から神保町にあるCNETにおじゃまし、別井編集長と編集部の永井さんと打ち合わせ。

CNETには数年前に記事を何本か書いたけれど、その後疎遠になっていた。先日、永井さんに執筆の仕事がありませんか、とメールを送ったところ話が進み、今回の訪問となった。

システム開発からテクニカルライティング、インタビュー、企業取材、マニュアル制作そしてDTPまでやっているということでたいへん興味を持っていただき、仕事もいただけることになりそう。ありがたい。

打ち合わせの後は神保町駅まで歩く。そういえば、2月にスポーツ振興センターの打ち上げをやったシンガポールレストランがこの近くにあったっけ。ということでシンガポールレストラン「ラカン」に寄る。ランチメニューはいくつかあったけれど、目玉である「海南鶏飯」(チキンライス)をオーダーした。鶏を蒸し焼きにしたものと、鶏の出汁で焚いたご飯がセットになったもの。

ただ、味はやや問題ありか。

スープはやたら塩味が効いているのに、肝心のチキンにもタレにも塩分が少ない。もうちょっと塩味を効かせてほしい。また、ご飯もあまりチキンスープで炊いたという実感がない。この二つがちょっと残念だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください