8/7 Maker Fair Tokyo 2016に行ってきた

ビッグサイトで開催中のMaker Faire Tokyo 2016へ。LEDで光るピアスから人工衛星まで、手作り作品展。

3Dプリンタ、ドローン、VR・MHD、ロボットなどが人気あるようだけど、自分はつい楽器関係に目が行く。原始的な手作り楽器からシンセサイザーユニットまで、千差万別。
makerfair01
makerfair02
makerfair05
去年と比べると、素のArduinoやRaspberry Piはあまり目につかない。Scratchなど、子ども向けプログラミング体験コーナーは賑わっていた。
makerfair03
先日、MC&C塾でARの話をしていただいたkinnekoさんも展示されていたのでご挨拶。西澤さんはヘボコンに出展されていたようだが、会場でお目にかかれず。
神奈川大学経営学部が平塚キャンパスでファブラボを運営していると、初めて知った。3Dプリンタや木工CNCが無料で使える。問題は平塚キャンパスが遠い・・・
makerfair04
興味を持ったのはペルチェ素子を使った霧箱。小学生のころ読んだ、科学工作の本にはドライアイスでアルコールを過冷却し、霧箱にするという記事があったけど、ペルチェ素子を使えばいつでも好きな時に放射線の観測ができる。
makerfair06
うけたのはレコードプレーヤーの原理を利用した全自動クレープマシン。熱いプレートにタネが広がり、焼きあがると調理台に移動する。クリームやトッピングは手作業だけど、よくできている。
makerfair07
オライリーのブースでは書籍が消費税無し、本体価格2割引きになっていたので、『発酵の技法 ――世界の発酵食品と発酵文化の探求』(Sandor Ellix Katz著、水原文訳 定価3,888円)を購入。味噌や納豆、テンペからワインの作り方まで書いてある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください