9/26 8年使ったガラケーがいよいよ寿命。Galaxy S7 Edgeに機種変更することに

8年間使ってきたauのガラケー、W62CAがいよいよ寿命を迎えた。もっぱらモバイルSuicaマシンだったのだが、8月22日をもって新規チャージが打ち切られた。10月には定期の期限も切れるが、その更新もできない。機種変するかMNPするか、ガラケーにするかスマホにするか、もう待ったなしだ。

W62CAはカシオのGショック携帯。当時としては数少ない防水タフネスさを誇っていた。メールやWebにも対応しており、街中でも山の中でも大活躍してきたが、スマホが普及するにしたがって対応Webサイトも数が減ってきた。2014年5月に中古のiPhone 5Cを購入。IIJの格安SIMを装着して、私もスマホ人に。W62CAのパケット定額は解除してもっぱら電話、キャリアメール、そしてモバイルSuica専用機となった。8年間酷使されて傷だらけだが、何回かバッテリの無償提供もあって、今でも問題なく動いている。
だが、あまりに古い機種であるため、旧来の弱い暗号化方式にしか対応していない。セキュリティ上問題があるということでモバイルSuicaの電子マネー新規チャージ、定期更新が打ち切られた。期限ぎりぎりに上限近い1万5000円をチャージしたが、だんだん残高は減っていく。9月後半からは大学の講義も再開されるので白楽までの交通費が毎週かかるし、10月には定期券の更新期限もくる。

最新携帯への機種変更だといくらになる

最初考えたのは最新の携帯電話への機種変更だ。
現在、auで扱っている携帯電話は子ども・高齢者向けを除けばAQUOS K SHF33とGRATINA 4Gの2機種。いずれも形は2つ折りで従来の携帯電話だけど、OSはAndroidを採用している。ガラケーとスマホの中間的な存在でガラホという。Androidのバージョンが 4.4.4 KitKatだったり、Google Playに対応していないのでAndroidのアプリを自由にインストールできないといった制約がある。
その分、機種代金、使用料金ともスマホよりは安くなっている。

  • 機種代金:4万円程度
  • 基本使用料:「通話が少なめの方」向きのVKプランSだと1077円

合計すると毎月2,942~6,938円。自分の場合はauポイントが42000ポイントほど溜まっているから、1,775~5,771円で済んでしまう。

これで行こうということにしたが、今度はiPhone 5Cが調子悪くなってきた。バッテリーが持たないのだ。2014年5月に中古で購入し、IIJの月額972円のSIMを装着している。電話とSMSは使えないがLINE電話やSkype、Facebookメッセージでだいたい用は足りている。ところが中古であることに加え、7月末からポケモンGOを始めたこともあり、どんどんバッテリーが消耗する。9月時点では20分でローバッテリー警告。家から駅まで持つか持たないかだ。
常にモバイルバッテリーをつないでおかないと使えないのだが、ダイソーの108円充電ケーブルのせいか、Lightningコネクタがしょっちゅう接続不良を起こし、充電できなくなる。
それにCPUやメモリも力不足なようで、iOSの起動、アプリの起動なども嫌になるほど待たされる。ストレス溜まりまくりだ。
05/02 iPhone5Cを購入
iPhone
SIMフリーのスマホを買い替えると、いくらかかるか。通信料は今のまま972円のSIMでいいのだが、あまり安い、つまり古いものではバッテリーが不安だし、CPUのパワーも低い。最低iPhone 6クラスだと中古でも4万円以上だ。48,000円として2年使うとなると月額2,000円になる。

これを合算すると

  • 携帯電話:1,775円
  • SIM:972円
  • スマホ本体:2,000円
  • 合計:4,747円

となる。

2台持ちは、安上がりだけど面倒でもある。歩いているとき、電車の中ではスマホを手に持っている。改札を通るときだけカバンから携帯を取り出してタッチ。終わったらまたしまう。出したりしまったりの操作は面倒だし、普段はバッグの中に入れっぱなしのため電話着信に気が付かないことも多い。

1台にまとめてしまえ

思い切ってauのスマホに機種変更し、1台にまとめることにした。
タイミング的に防水・おサイフケータイ対応となったiPhone 7も考えたけど、イヤホン端子が廃止されたので候補から外した。それにiPhone、iOSは4年間使ってきて、もういいやという気持ちが強い。独自のLightningコネクタ、PCからMP3ファイルを転送するのに直接フォルダとして扱えないなど、ちっともユーザーフレンドリーではない。
それに世界では圧倒的なシェアを持っているAndroidを知らないというのも、ソフト開発会社の経営者としては問題だろう。自分が普段使っているアプリでiOSのみ、Android非対応というのは無い。
新しいスマホは、Androidスマホではフラグシップ機であるSamsungのGalaxy S7 Edge、色は黒。ちょっと横幅が大きすぎて持ちにくいかと思ったが、デモ機をいじって圧倒的な画面のきれいさ、見やすさに惚れた。
問題は端末価格が8万円もすることだけど、auのポイントが42000ポイントほどあったのと、au光から1万円の割引クーポンが来ていたので、それらを使えば機種代はほぼ半額になる。SIMフリーのスマホを中古で買っても4~5万円なので変わらない。
通話プランはスーパーカケホでテータ1GB。自分から電話をかけることはあまりない。データ通信がほとんどだけど、家と会社ではWiFiなので、4Gでの通信は外出時のみ。外で動画を見たりアプリをダウンロードすることはない。ポケモンGOの通信がちょっと心配だったけど、IIJのSimも1GBで余るほどだから、問題はないだろう。

  • 機種代:2,475円
  • 誰でも割り:加入
  • 基本使用料:スーパーカケホ 1,836円
  • データ定額:1GB 3,132円
  • 割引:auスマートバリュー ―1,008円
  • オプション:auスマートパス 401円
  • 保険:安心ケータイサポートプラス 380円
  • 割引:ポイント 42000ポイント

なんだかんだで月額5800円ぐらいになる。今のガラケーに比べれば倍以上だけど、最新スマホが使えること、落ち着いたらIIJを解約してしまえばよい。月額1000円アップというところだ。自宅のインターネット接続はauひかりなので、ここから9月末いっぱい1万円割引クーポンも送られてきている。
だが、現在のW62CAは会社名義で契約している。これだと割引サービスもクーポン券も使えない。まずは名義変更だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください