日本の技、日本の匠―IPAドキュメンタリ ソフトウェア開発最前線

20060209-4756146236.01._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg
日本の技、日本の匠―IPAドキュメンタリ ソフトウェア開発最前線 独立行政法人 情報処理推進機構 編著 アスキー発行 定価1,238円+税

先日、IPAの公募説明会に行ったときにもらった本。タイトルが大げさだが、内容はIPAの支援を受けて開発された事例の紹介。
・携帯用フルブラウザ「jigブラウザ」
・オープンプリンティングプロジェクト
・地雷探知機「マインアイ」
など11の事例が並んでいる。IPAの支援事業というとソフトウェアやシステム開発だけかと思っていたら、地雷探知機といったハードがらみの開発まで対象になっているとは知らなかった。
ちょっと用語解説が細かすぎてうるさい感じがするが、個人を対象とする未踏ソフトウェアからITベンチャー、そしてIBMやキヤノンといった大企業まで、幅広く事例が取り上げられていて、バリエーションに富んでいるのもいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください