01/13 日本ハモンドとハモンドスズキの歴史をちょっとだけ調べてみた

Hammond X-5のスタンドを本体に取り付けるネジが欠落しており、いまだ床置き状態。
ハモンド・スズキにネジの規格を問い合わせたら

「お持ちのオルガンは弊社ハモンド・スズキで製造したものではなく、日本ハモンド時代に製造したものです。
残念ながら日本ハモンド時代の製品資料やパーツは、弊社では保管しておりません。」

との回答。残念。
このあたりの歴史を調べてみた。
1934年:ローレンス・ハモンドが機械式(トーンジェネレータ)、ドローバーによる音色制御のハモンドオルガンを完成させる
1960年:梯郁太郎(ローランド創設者)が大阪の化学メーカー坂田商会の協力を得てエース電子工業を設立
1965年:エース電子工業、コンボオルガンTOPシリーズ発売
1967年:エース電子工業、リズムマシンRhythm Ace FR-1を発売。米国ハモンドオルガンに採用される
1968年:エース電子工業、米国ハモンドと合弁会社ハモンド・インターナショナル・ジャパンを設立
1970年:日本ハモンド設立
1972年:坂田商会が経営悪化により住友化学系列に。それによって日本ハモンドで内紛が起こる。梯郁太郎はエース電子工業を去り、ローランド設立
1975年:米国ハモンドは日本ハモンドに製造を委託してX-5を発売
1986年:米国ハモンド解散。商標はハモンド・オーストラリアへ
日本ハモンドの商権は鈴木楽器に
1991年:鈴木楽器、ハモンドオルガンの商標権と製造権を買収
1992年:鈴木楽器、レスリースピーカーの商標権と製造権を買収

acetone
写真はACE TONE TOP1。たぶん高校~大学時代に持っていたやつ。学生寮のバンド練習小屋に置いていたら盗まれちゃった。

「01/13 日本ハモンドとハモンドスズキの歴史をちょっとだけ調べてみた」への1件のフィードバック

  1. JA1ZGO会員の林田と申します。
    鈴木楽器の東京支店はウチの会社の直近にあり、いつもウインドウの中のハモンドを見ているので、つい、ブログに目が留まりました。
    日本ハモンドとハモンド・スズキの繋がりは私も興味がありました。
    妹が弾いていたエレクトーンで私も遊んでいたので、その関連からの興味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください