01/07 Hammond X-5が届いた

年末にヤフオクで落札したHammond X-5。正月休み明けで無事に配達された。出品者が送料は着払いしか受け付けないというので、発送時に料金を教えてもらい、家族に支払いを頼む。3個口、総重量70kgもあるのに1836円。都内からでもずいぶん安いものだ。

帰宅すると、玄関にド~ンと巨大な荷物が置かれている。オルガン本体とパイプ足はエアーパッキンにくるまれ、ペダル鍵盤は段ボールでくるまれている。
レスリーと違ってオルガン本体には持ち運ぶためのハンドルが付いているので、どうにか奥の部屋まで持って行ける。他のパーツはそんなに重くない。開梱するのに一苦労。特にパイプ足は複雑な形状の上にテープでぐるぐる巻きになっており、カッターで切り刻みながら剥いていく。ペダル鍵盤の段ボールもマットレスか何かが入っていた大きなもので、外すのに疲れた。
オークションの説明で、パイプ足と本体を止めるネジがないと明記されており、もちろん入っていない。そのため、床にペダル鍵盤を置いてその上にオルガン本体を置いた。下は畳の和室だから、座って座卓状態で弾く。
X-5
まだレスリースピーカーと接続するケーブルが無いので、BOSSの小型アンプにつないでチェック。
グレート(上鍵盤)、スウェル(下鍵盤)、ペダル鍵盤全てのキーで音が出る。トーンバーを操作すれば音色が変化し、プリセットもちゃんと動く。パーカッションは思ったよりはかかりが弱い感じ。レスリーのスイッチを操作しても変化がないのは、レスリーシミュレーターなど内蔵しておらず、外のレスリースピーカーをコントロールするスイッチだからか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください