ジャストシステムの『速攻!名刺管理』に感動

最近はあまり交流会とかパーティとか参加してないので、以前ほどには名刺が貯まらなくなったものの、いい加減な管理(単に名刺箱に入れているだけ)をしているせいで、いざ必要なときに名刺の山をひっかき回すことになる。
ちょっとはIT使って名刺管理でもしようかと考え、本を読んだり検索したり。やはりスキャナー+OCRソフトが便利らしい。


よく、lifehack系の記事では卓上高速スキャナであるScanSnapを使うことになっているが、別にフラットベッドスキャナだって問題はない。
うちの会社で使っているEPSONのLP-M5600はA3までのレーザープリンタ+FAX+カラーコピー+スキャナーと4機能が合体した複合機。それぞれのパソコンからもスキャナとして画像を取り込むことができる。
いくつかのメーカーから名刺管理ソフトが出ている中で、小山龍介氏の『整理HACKS!』ではメディアドライブの「やさしく名刺ファイリング 」というのがお勧めとなっている。さらに調べると、ジャストシステムの「速攻!名刺管理2」というのが、メディアドライブのOEMらしいことが判明。ジャストシステムにはお試し版ダウンロードも用意されている。
これを落としてインストール。M5600で読み込んだ名刺をJPEG画像として認識させると、本当に10枚ぐらいの名刺を自動で区切り、自動で社名、部署名、人名、住所、電話番号、メールアドレス、URLなどの欄に振り分けてくれる。文字認識も、普通の白やベージュに黒い文字ならほぼ間違いはない。「プラット」が「ブラット」になったぐらいだ。
1枚の名刺を拡大表示してくれて、間違っていたところを修正できる。試用版は30日しか使えないが、CSVなどで他のソフトに取り込むことも可能。
もっとも製品版だって店頭価格が7800円、ダウンロード販売ならば5800円で入手できる。これは買っても惜しくないというか、買わなくちゃ損なソフトだ。
20100121-名刺管理.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください