11/14 温水洗浄便座を修理しようとして投げ出した

10年前に自分で取り付けた松下電産の温水洗浄便座DL-SG10が数年前に故障。パイロットランプは点くのだけど、洗浄どころか便座も温まらない。

トイレ1トレイ2

先日、外しておいたプラグを差し込むとパイロットランプは点灯し、便座は温まる。だが、やはり洗浄機能は壊れたまま。立ちあがるとモーター音がするので、着座センサーは生きている。
思い切って分解してみた。ネットで検索すると分解できないようなことが書いてあったけど、ネジ4本を外し、爪をこじったら簡単にカバーが取れた。
たぶんコントローラ部分が壊れているのだろう。付け根に近い節電スイッチ、8時間切スイッチ、便座温度調節スイッチがまったく動かない。他のスイッチは押せばひっこむのだけど、固着している。基板を止めているタッピングビスの頭も錆びているので、湿度が高いか水漏れだろうか。
この「P板B DL240B-X1JB0」を交換すれば治りそうだが、もう在庫ないだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください