会社のPCにWindows7を入れてみた

会社で使っているマシンはWindows XPを入れていて、特に問題はないのだけど、アプリケーションのWindows7対応をチェックしなければいけなくなった。


Windows7 Professional 発売記念優待パッケージを購入し、会社のメインPCに64bit版をインストールした。Windows XPで使っていたので、アップグレードインストールではなく、別ドライブに新規インストールという形を取り、ブート時にXPと7を選択する。
Windows 7環境ではMicrosoft Officeはもちろん、FireFox、秀丸、latex、dviout、 TeraTerm、Adobe CSなど問題なく動作する。まだそんなに使い込んでいないが、ディレクトリやセキュリティの考え方はVistaよりXPに近いように思え、わかりやすい。
アプリケーションはだいたい動くようだが、周辺機器はやはりドライバの問題が発生した。
NIKON Coolscan 5000EDのドライバは64bitOSに対応してないが、ViewScanを入れれば動くらしい。2000Serverに接続してあるキヤノンのインクジェットプリンタはドライバが見つからず。メーカーサイトではWindows Updateから入手せよと表示されているが、まだリリースされてないのだろうか。EPSONの複合機LP-M5000は、印刷はできるもののスキャナとしては利用できていない。ドライバがどこかにあるのだろうか。
ひとつ困ったことに、XPで起動しても自分のアカウントではログインできなくなってしまったのだ。ローカルマシンのAdminでしか入れない。環境が変わってしまい、いろいろと面倒。
20091117-windows7.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください