07/30 情報経済論2015年度の採点が終わったので解説など

5年目になる神奈川大学経済学部情報経済論の講義.火曜日に期末試験を行い,採点を済ませて大学のWebサイトから結果を送った.今年も4限が200人,5限が95人,合計295人というマンモス授業.別に先生の人気が高いわけではなく,選択必修科目なので,自然と履修者が多くなる.やむを得ず,試験はマークシートで済ませている.

本当は論述式とかやりたいのだけど,300人の答案を見るだけで数時間かかってしまうので遠慮している.いつか少人数の講義をやってみたいぞ.自分の学生時代は1学科が24人しかいなかったから,必然的に数人の講義ばっかりだった.

というわけで今回の試験問題と解説.

kimatsu04-001
問1:正解(1)
個人情報保護法には国籍の規定はない.総務省の解説によれば「外国人に関する情報も、国籍等の区別なく、特定の個人を識別できる情報であれば、個人情報に当たります。」となっている.

問2:正解(2)
qaでボタンを押しても何も起こらない qaからqaに戻る
50円を入れるとqbに遷移する
qbでボタンを押しても何も起こらない.qbからqbに戻る
50円を入れるとqcに遷移する
qaで100円を入れるとqcに遷移する
qcでボタンを押すと商品が出てqaに戻る

問3:正解(5)
コンピュータウィルスは自己増殖できない.DDoS攻撃は増殖とは関係なく,特定サイトなどへのアクセス集中による攻撃.トロイの木馬は自己増殖しない.キーロガーはキーボード操作を記録するプログラム.

問4:正解(2)
電子署名は送信者が平文をハッシュ化し,送信者の秘密鍵で暗号化した暗号文(署名)を平文と共に送り,受け取った人が送信者の公開鍵でチェックして改ざんされていないかを確認する.

kimatsu04-002
問5:正解(3)
構造化プログラミング,オブジェクト指向プログラミング,アジャイルソフトウェア開発,ソフトウェアプロトタイピングなどの手法はソフトウェア危機の解決策として提唱された.関数型プログラミングはソフトウェア危機とは関係ない.

問6:正解(1)
暗号メールは受取人の公開鍵を使って平文を暗号化し,受け取った人が自分の秘密鍵で復号する.

問7:正解(1)
log(a*b)=log(a)+log(b)を使えば電卓が無くても計算できる.情報エントロピーはH(P)=-ΣP(A)logP(A).log(0.2)=log(2*0.1)=log(2)+log(0.1)=1-3.32=-2.32(2は1乗すれば2なのでlog(2)は1).log(0.4)=log(2*0.2)=log(2)+log(0.2)=1-2.32=-1.32.
H(P)=0.1*3.32+0.2*2.32+0.3*1.74+0.4*1.32=1.846

問8:正解(3)
ルータの機能はIPアドレスを見て転送先経路(ルート)を選択する.IPアドレスとドメイン名を対応づけるのはDNSサーバ,IPアドレスとメールアドレスは直接対応づけられていない.アナログ信号とデジタル信号を相互に変換するのはモデム,プロバイダとPC間の通信を暗号化するのはSSLとか.

問9:正解(3)
講義で,出版されたばかりの『絶歌』の違法アップロード画像をダウンロードしたものを示し,映像・音楽以外の著作物は違法アップロードだと知ってダウンロードしても罪に問われないことを解説した.なんで間違えるんだろう.

問10:正解(3)
江戸時代だって出版産業は栄えていた.ただ,文字の種類が膨大で,続けて書くのに慣れていた日本人にとってはばらばらの活字を並べるより,1枚の版木に1ページの文字を掘って印刷する木版印刷の方が合理的だった.

kimatsu04-003
問11:正解(2)
OR回路は入力のいずれか,あるいは両方が1の時に1を出力する.AND回路は両方の入力が1の時だけ出力が1となる.つまり,AかBが1でCが1の時だけ最終出力は1となる.

問12:正解(3)
教科書『プログラミング言語温故知新』の72~73ページに書いてあるとおり.(1)の言語は存在しない(Lispは計算機学会が主導したわけではない).(2)はAlgol,(4)はPascal,(5)はProlog.

問13:正解(2)
GPLのソースを一カ所でも使ったら派生物もGPLになる.企業もオープンソースを使っているし,ソースコードが公開されているので悪意を持った機能は発見されやすい(OpenSSLとか,いろいろ問題はあったが),オープンソースは著作権に基づいて「ソース配布」を求めるので日本でも存在する.

問14:正解(5)
第1回の講義で述べたとおり.

kimatsu04-004
問15:正解(3)
要件定義プロセスは利害関係者から提示されたニーズ及び要望を識別・整理した上で、業務上実現すべき要件(業務要件)を明らかにする段階.

問16:正解(1)
与えられているビット列の左右を順番に外してみれば良い.最後に01となったものが正解.

問17:正解(5)
数学的関数について『プログラミング言語温故知新』42ページで解説している.四則演算のみを行うのではプログラミングは無理だ.

問18:正解(1)
これは完全におまけ問題のつもりだったが,間違える学生がいるとは・・・

問19:正解(4)
『プログラミング言語温故知新』3ページに書いてあるとおり.Fortran90からフリーフォーマットが使えるようになった.

問20:正解(5)
これもおまけ問題.ネットブックは数年前に出た,CPUが遅く,メモリやディスク容量が少なく,画面解像度も低い廉価なノートパソコンのカテゴリ.ウルトラブックは2011年にインテルが提唱した薄型軽量ノートパソコンのカテゴリ.アルトはXeroxパロアルト研究所でアラン・ケイらが作った最初期のグラフィックワークステーション.スケッチパッドはアラン・ケイの師匠サザランドが開発したCADマシン.

今回は0点の学生はいなかったが,90点以上の学生がいなかったのも残念.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください