今日は「かの」の命日

98年のフィールドデーコンテスト。鹿野山中で遭遇した小さな子猫は、すくすくと育って我が家一番のやんちゃ坊主に。
1年前、金曜日の夜に急に元気がなくなり、土曜日の夜にはトイレにも行けず。日曜日に緊急入院して、月曜日の朝息を引き取った。異常が出てから60時間もなかっただろう。


あっという間のできごとだった。きっと本人(本猫)は自分の身に何が起きたのか、まったく分からないままだったのではないだろうか。
去年の6月22日には4匹いた子どもたちが、今は2匹しか残っていない。なっちゃんは肝臓の具合はだいぶ治って以前のように走り回っているが、あきちゃんはほとんど食べないし、食べるとすぐ吐いてしまう。
人間の4倍の速度で生きていく猫たちと、いつまでも一緒にいることが叶わないのはわかっているのだが・・・
20090703-kanokoL.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください